アメリカで合法的にマリファナが吸える州

586ed875f10a9a1d008b6fa0

Anthony Bolante/Reuters

アメリカ合衆国は徐々に“赤と白、そして緑の楽園”になりつつある。

非医療用大麻の合法化を問う住民投票で、4つの州が賛成多数となった歴史的な大統領選挙サイクルのあと、今やアメリカ人の5人に1人は医師の診断書なく大麻を使用できる州に住んでいることになる。

マリファナ産業は2021年までに202億ドル(約2兆3700億円)の収益を上げる予定である。

以下が2017年現在、大麻使用が合法な州の要約だ。

アラスカ州

アラスカでは、21歳以上の成人は大麻が使用できる。2015年の初め米国最北端の州は、1オンスまでの娯楽目的での大麻の使用、所持、および輸送を合法化した。サンドイッチバッグが満杯になるぐらいの量の大麻だ。同州では昨年10月に、初の販売店がオープンした。

カリフォルニア州

かつて1996年に初めて医療用大麻を合法化したカリフォルニア州は、2016年に1オンスを上限とする処方箋なしでの所持を合法化したことで、さらに大麻に寛容な州となった。

しかし、同州が大麻ディスペンサリー(薬局)に非医療用大麻を売る許可証を発行するのは、2018年1月1日からである為、今はまだ合法に大麻を購入できない。

もし2018年まで待てないのであれば、医療大麻患者になれば使用することができる。それか、もし偶然に友人の大麻を持っていたとしても大丈夫だろう。

コロラド州

スターバックスとマクドナルドの店舗を合わせた数よりも大麻ディスペンサリーの方が多いコロラド州では、住民も旅行者も同じように1オンスまで大麻が購入できる。コロラド州は2012年、ワシントン州と共に娯楽用大麻を合法化した初めての州となった。

586ed744f10a9a51098b6e5e

Lucy Nicholson/Reuters

メイン州

2016年の大統領選挙で最も手に汗握る住民投票が行われたメイン州では、2.5オンス(約71グラム)という大量の大麻所持が認められることになった。それは、他の州と比べて2倍以上の量である。州知事が法案に署名した約1カ月後の1月30日に施行開始となる。

販売店がオープンするのは2018年からだ。

マサチューセッツ州

2016年12月15日、マサチューセッツ州は州民に対して、少量の大麻の所持と消費、および12本までの自宅での栽培の権利を認めた。

しかし、同州の娯楽用大麻の市場の展望は見通しがついていない。年末に州知事が署名した法案により、販売店のオープン予定が2018年の初めから中頃まで延期されたからだ。

ネバダ州

ネバダ州は投票日、圧倒的に賛成多数で娯楽用大麻を合法化し、1月1日より1オンスまでの大麻所持が合法になった。可決された法案では、2018年に控える販売店オープンに向けて、2017年の終わりまでにネバダ州の税務署が規制を施行する予定だ。

栽培したい州民とっては悲報だが、一番近いディスペンサリーから25マイル(約40キロメートル)以内に住んでいなければ栽培免許が下りない。

586ed812f10a9a283f8b45d7

Robert Galbraith/Reuters

オレゴン州

2015年の夏、オレゴン州では1オンスまでの大麻の所持と、4本までの自宅での栽培にゴーサインが出た。公共の場所で使用しないことが前提だが、食用大麻を贈り物としてあげることも合法だ。

オレゴンは合法大麻の初年度の売り上げから大量の利益を享受している。2015年7月から2016年6月までのディスペンサリーからの税収は、およそ1500万ドル(約1億7600万円)に上る。

ワシントン州

2012年に娯楽目的の大麻が合法化されてからというもの、ワシントン州のディスペンサリーは非医療用大麻の販売から10億ドル(約1兆1700億円)という巨額の利益を上げた。同州は1オンスまでの所持を認めているが、栽培許可を得るためには医療目的の使用である必要がある。もし娯楽目的であるならば、吸うことはできるが、育てることはできない。

ワシントンD.C.

2014年10月、合衆国首都の住民は非医療用大麻に圧倒的な賛成票を投じた。法案は約1年前から施行され、2オンスまでの大麻の所持と、金銭や物々の交換を前提しない前提での「ギフト」の1オンスまでの所持が認められている。

[原文:It's 2017: Here's where you can legally smoke weed now

(翻訳:Wizr)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web