【佐藤優】すべての差別は「無知」から始まる。コロンブス像の撤去がむしろ「差別の温床」を生む理由

yusato_24_thum

日本にも気付かない差別がまだ多く存在し、戦争という負の歴史は差別という形で今でも続いている。沖縄への差別に関し、厳しい目を向ける佐藤優さん。歴史が犯した間違いはどのように正し、未来につなげていけばよいのか。佐藤さんは「差別」をなくすために、シマオができることについて話し始めた。

国によって異なる差別の構造

シマオ:僕たち日本人も差別してしまう構造の中にいる。今回のBLMはアメリカが発端でしたけど、どこの国でも差別は起こるということでしょうか。

佐藤さん:はい。多かれ少なかれ、差別はこれからも起きてしまうでしょう。だからこそ、なくすための努力が欠かせません。

シマオ:佐藤さんは、外国で差別を受けたことはありますか。

佐藤さん:外務省時代で言えば、ロシアではほとんど差別と呼べるようなものは受けませんでした。一方、陸軍語学学校へ留学したイギリスでは日常的にありましたね。

シマオ:そうなんですね。

佐藤さん:ロシアは歴史的にユーラシア大陸を支配してきた大国ですから、もともとアジア系の人たちが多いんです。しかも、そういう人たちが管理職になっていたりするわけで、あまりアジア系に対する偏見はありませんでした。

シマオ:ロシア人は平等意識が高いんでしょうか?

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み