再開したディズニー・ワールド、早くもマスク着用ルールを厳格化…フロリダ州は連日1万人以上が感染


新型コロナウイルスによる4カ月近い閉鎖から営業を再開した初日、シンデレラ城の前を歩くマスクを着用した来園客。フロリダ州はパンデミックでもっとも被害が大きい州のひとつだ。

新型コロナウイルスによる4カ月近い閉鎖から営業を再開した初日、シンデレラ城の前を歩くマスクを着用した来園客。フロリダ州はパンデミックでもっとも被害が大きい州のひとつだ。

Joe Burbank/Orlando Sentinel/Tribune News Service via Getty Images)

  • アメリカ・フロリダ州のディズニー・ワールドは、新型コロナウイルス対策のルールを変更し、食べ歩きを禁止した。
  • 新しいガイドラインによると、マスクを外せるのは、移動していない状態で人との距離が取れている場合のみ。
  • アメリカやフロリダ州は新型コロナウイルスの封じ込めに失敗しているが、ディズニー・ワールドは7月初旬に営業を再開した。
  • フロリダ州は7月18、19日の週末に2万4000人以上の新規感染者が出ており、アメリカにおける新型コロナウイルス発生の矢面に立ち続けている。3月からの死者数は5000人以上だ。

4カ月近くの閉鎖を経た営業の再開から2週間が経ち、アメリカのディズニー・ワールド(フロリダ州)は、マスク着用のルールを変更し、来園者の食べ歩きを禁止することになった。

新しいガイドラインは、一部の来園客がマスクをしないために利用していた抜け穴を封じるもので、アメリカやフロリダ州で新型コロナウイルス感染者が急増しているのを受けて実施されるものだ。

一部のゲストは、鼻をマスクで覆わなかったり、飲み物のボトルを手に持って歩き回ってマスクをしないようにしている。

ディズニー・ワールドのブログVarietyでこのルール変更を最初に報じたが、マスク着用の違反には直接言及していない。

「食事中や飲み物を飲んでいる間はマスクを外してよいが、移動せずに物理的距離をとらなければならない」と、ガイドラインには記載されている。またディズニー・ワールドでは、清掃の強化、物理的距離を保つ注意喚起、支払い時の接触をできるだけ避けることなどを実施していると、ディズニーは述べた。

このポリシーの明確化は、F&Wフェスティバル期間中のエプコットでのゲストの行動の結果だ。 これは小さな変更だが、正しい変更だ。

また、一部のゲストによって悪用されていた「抜け穴」も排除した。皆にとってよい動きだ。

フロリダ州では、7月19日の新型コロナウイルスの新規感染者が1万2478人で、7月18日に記録した最多の1万2523人をわずかに下回っただけだ。ここ11日間のうち10日間で、1日の新規感染者数が1万人以上だったと、CNBCが報じた

他の議員からの圧力にも関わらず、フロリダ州のロン・デサンティス(Ron DeSantis)知事は、現状では他の州を上回っている感染の封じ込めに向けたフロリダ州の対策を擁護している。

「人々は本当に恐ろしい感染者数を目にして恐れを抱いているが、それは文脈の中で考えるべきだ。私からのメッセージは、恐怖こそが我々の敵だということだ」と、知事は7月18日、同州で新たに90人の死者が出たことを受け、記者会見で述べた。

「そして、感染者数で見過ごしてしまうことは、発症していない人の数だ。多くの人々が新規感染者数を見て、そのほとんどが入院すると思っている」

新型コロナウイルスが発生してから、フロリダ州の死者数は5000人以上になる。

[原文:Disney World bans walking and eating after some guests used the move as a loophole to not wear masks

(翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み