【GO三浦×カツセマサヒコ】「これはおれの物語だ」広告のプロ、『明け方の若者たち』のPR施策を考える

GO三浦_サムネ16.001

気鋭の広告クリエイター、三浦崇宏。彼の熱く鋭いメッセージは若者を魅了してやまない。 今回の道場相手は作家のカツセマサヒコさん。新刊『明け方の若者たち』を多くの人に読んでもらいたい、というカツセさんに対し、GO三浦はどんなアイデアを出すのか? まったく違う人生を歩いてきたように見える2人だが、実は若い頃、同じように悩んでいた……!?

miura_katsuse_icon

三浦崇宏(以下・三浦)

『明け方の若者たち』、狙って明け方に読み終わるように、ゆうべの12時から読み始めたんだよ。


katsuse_icon

カツセマサヒコ(以下・カツセ)

ありがとうございます。今日は、どうしたらこの本が1人でも多くの人に読んでもらえるか相談したくて。


miura_katsuse_icon

三浦

こないだ糸井重里さんとの対談で「本は売れませんよ」って言われたばっかだけどね(笑)。えっと、その前におれがこの本をどう読んだか、言ってもいい?


katsuse_icon

カツセ

是非是非! 聞きたいです。


この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み