中国市場で絶好調のテスラ。世界の自動車メーカーの生死分けた6月とその要因

_INSIDECHINA

Mark Schiefelbein / Getty

高級車・商用車大手の独ダイムラーは7月23日、2020年4~6月期の決算で、最終損益が20億100万ユーロ(約2480億円)の赤字だったと発表した。

同社は新型コロナウイルスが表面化する前の2019年11月に、2022年までに世界で1万人以上の従業員を削減すると公表していたが、コロナ禍を受け、現地メディアはリストラ規模を2〜3万人に拡大する予定と報じている。

ただし、同社の高級乗用車ブランド「メルセデス・ベンツ」の中国での4〜6月の販売は前年同期比20.6%増加し、同期としては過去最高だった。

コロナ前の2019年12月末に上海の新工場で主力小型車「モデル3」の生産を開始した米テスラは、アメリカの不振を中国の工場と市場が埋め、7月1日に時価総額がトヨタ自動車を抜いて自動車業界で首位に立った。

新型コロナウイルスの拡大に最初に直面しながら、欧米や日本よりも先にコロナ禍を抜け出した中国は、今や世界の自動車メーカーの浮沈を握るマーケットとなっている。

中国でのテスラ車の販売は1年前の3倍に

テスラ

2019年12月30日に稼働した上海工場が、テスラの4~6月の業績に大きく貢献した。

REUTERS/Aly Song

テスラが7月22日に発表した4~6月の売上高は前年同期比5%減の60億3600万ドル(約6400億円)、純利益は1億400万ドル(約110億円)となり、初めて4四半期連続で最終黒字を達成した。市場は赤字を予測していただけに、決算発表後のテスラ株は急騰した。

テスラによると増益の主な要因は、従業員給与の一時的な削減、他の自動車メーカーへの温暖化ガス排出枠(クレジット)の売却、完全自動運転技術に関する前受金などだという。加えて、中国・上海工場での生産と中国市場での販売が大幅に伸びたことも追い風となった。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み