「第2のテスラに成長する可能性」電気自動車ベンチャー10社。アマゾン、アリババら世界企業が巨額投資


Rivian R1T

米電気自動車大手テスラの好調を受け、コロナショックの経済下降期にもかかわらず、「第2のテスラ」を狙うスタートアップに熱い視線が注がれている。画像はリビアン(Rivian)の電動ピックアップトラック「R1T」。

Rivian

米電気自動車大手テスラの株価が爆騰したことで、電気自動車(EV)界隈が賑やかさを増している。テスラの成功に続こうと、新規株式公開(IPO)や新たな資金調達案件が出てくるかもしれない。

ただ、投資家たちはここ数年、次世代EV開発を手がけるスタートアップにすでに多くの資金を投じてきた。それはときに「殺到」と言っていいほどで、自動車産業の新たなベンチマークになるとうたうスタートアップに、数十億ドル規模の資金がつぎ込まれている。

米金融情報サービス「ピッチブック(Pitchbook)」によると、そうした資金のほぼすべてを手中にしたのが、以下で紹介するEV開発スタートアップ10社だ。


【第10位】カヌー(Canoo)

Canoo

カヌー(Canoo)が2019年9月に発表したシャトルバス風の電気自動車。米ゼネラル・モーターズ(GM)の「クルーズ(Cruise)」を彷彿とさせるデザイン。

Canoo

調達総額:10億ドル/最新評価額:不明

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み