BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

機能も役割も期待しない。きゅんくんがロボットを作る理由

Sponsored

きゅんくん

2015年に着て楽しむロボット「METCALF(メカフ)」を世に送り出し注目を集めた、きゅんくん。ロボティクスファッションクリエイターとしての活動に加えて、現在は自作のソーシャルロボットに対する人の身体感覚や感情について実験を重ね、展示会や論文として発表すべく奮闘中だ。

METCALFの特徴は、多くのロボットのように実用的な機能や役割を持たせないことにある。なぜ、きゅんくんは実用性のないロボットを開発するのか。きゅんくんに、その動機と、テクノロジーと人の未来について聞いた。

きゅんくん:ロボティクスファッションクリエイター、メカエンジニア。1994年、東京都出身。2014年よりウェアラブルロボットの開発を手がけ、2015年、テキサス「SXSW2015」にて「METCALF(メカフ)」発表。以来、ロボティクスファッションクリエイターとしてロボット開発に携わる一方、tsumugでメカエンジニアとして活躍。現在は、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)連携研究員として、ATRの塩見昌裕氏のもとウェアラブルロボットに関する研究を行う。

Related articles