マッキンゼーに聞く「自動車のシェアリングが死なない」理由…3年後が読めない時代の危機感 (シェア・製造編)

shutterstock_1733587178

ロシアのカーシェアリングサービスが駐車している風景(写真はイメージです)。

Shutterstock

マッキンゼー・アンド・カンパニー の日本支社がコロナ禍の中で発表した「R&Dの生産性向上こそが日本企業を次世代に導く」と題したレポート。その執筆陣のうちの2人に、自動車メーカーの研究開発投資(R&D)の変化を、シェアリングエコノミー向け開発から、製造工場の「国内回帰」のトレンドまでを聞く(取材は7月20日)。

前編「マッキンゼーに聞く「コロナ不況」と自動車業界。“開発投資”はどうなる?(市況・EV編)」はこちら

※レポート「R&Dの生産性向上こそが日本企業を次世代に導く」はこちらから

小田原浩氏

小笠原氏

マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー。 自動車セクター、重工業セクターなどに専門的知見をもつ。

アンドレ・ロシャ氏

ロシャ氏

マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー。先端エレクトロニクス、ハイテク、自動車産業などのグローバル企業を支援。

「3年後が予想できない時代」の自動車産業の危機感

がらんとしたニューヨーク

写真はイメージです。

Getty Images/Spencer Platt

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み