BI Daily Newsletter

【新資料発見】グーグルはYouTubeを5000万ドルで買収できると考えていた。16億ドル超に高騰した真の理由


グーグル スンダル・ピチャイ CEO

米議会下院司法委員会の公聴会にオンライン参加したグーグルのスンダル・ピチャイ最高経営責任者(CEO)。議会に提出した資料から新事実が明らかに。

Mandel Ngan/Pool via REUTERS

  • IT大手4社の最高経営責任者(CEO)4人を呼んで開かれた、反トラスト法をめぐる米議会下院の公聴会で、2005年にYouTubeの買収を検討していたグーグル経営陣のなかで、興味深い変化が起きたことを示す新たなメールが公開された。
  • そのメールによれば、グーグル側は当時YouTubeを5000万ドルで買収できると踏んでいた模様だ。
  • 「YouTube側は5億ドル程度を望んでいる。マイスペース(MySpace)並みだ」といったやり取りもみられる。
  • メールの数カ月後、グーグルはYouTubeを16億5000万ドルという歴史的金額で買収している。

IT大手4社のCEOを集めた下院司法委員会の公聴会には、数多くの新たな資料が提出、公開された。

そのなかには、YouTubeの買収について検討していたグーグル経営幹部らのやり取りしたメールが含まれていた。

メールは2005年当時のもので、GoogleビデオのプロダクトマネジャーらがYouTubeを精査した上でどう評価し、提携にとどめるのか、まるごと買収すべきか議論していた様子がわかる。

当時広告部門を率いていたジェフ・フーバーは次のように書いている。

「じつに興味深い。僕らが買収まで考えてるってことは、YouTubeの連中にはまだ言ってないわけだよね? 彼らは間違いなく、僕らよりかなり早く面白い機能を生み出している。けれども、それをマネタイズするためにスケールしたり、プランニングするバックエンドを持っていない。僕らには……それがある」

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み