11月の大統領選は延期すべき? トランプ大統領のツイートに共和党陣営から相次ぐ非難の声

ドナルド・トランプ

2020年7月23日、ホワイトハウス。

Kevin Lamarque/Reuters

  • アメリカでは、2020年の大統領選を「延期」すべきとのトランプ大統領の提言を、ミッチ・マコーネル上院議員ら共和党の重鎮は強く非難した。
  • 数カ月にわたって郵送投票は「腐敗した」「不正に仕組まれた」ものだと主張してきたトランプ大統領は7月30日(現地時間)、安全に投票できるようになるまで選挙を延期すべきでないか?とツイートした。
  • WNKYのアンカー、マックス・ウィニッツ(Max Wintiz)氏は、マコーネル議員が選挙の日取りは「変更不能」だと考えていると語ったとツイートした。
  • 他の共和党の大物議員たち —— リンゼー・グラム上院議員やテッド・クルーズ上院議員、ケビン・マッカーシー下院院内総務、そして、少なくとも2人の共和党の州知事など —— も選挙の延期には強く異議を唱えている。

2020年の大統領選を「延期」すべきとのトランプ大統領の提言を、ミッチ・マコーネル上院議員ら共和党の大物議員らは強く非難し、否定した。

WNKYのアンカー、マックス・ウィニッツ氏は、マコーネル議員が選挙の日取りは「変更不能」だと考えており、これまでも危機の最中にアメリカは選挙を実施してきたと語ったとツイートした

数カ月にわたって郵送投票は不正で、腐敗していると不正確な主張を繰り返してきたトランプ大統領は、アメリカ人が「安全に投票」できるまで2020年の大統領選を延期すべきではないか?と投げかけた

「2020年の大統領選は史上最も不正確かつ不正に満ちたものになるだろう。これはアメリカを非常に困惑させる。人々が適切に、安全に投票できるまで選挙を延期しようか?」

ただ、トランプ大統領が大統領令によって、11月3日の大統領選を独断でキャンセルしたり延期することはできない。国家の有事でも、災害でも、戒厳令の発令中でもそれは変わらない。

1845年、連邦議会は州が選挙人団のメンバーを選ばなければならない日付 —— 今日、これが選挙で行われている —— を、11月最初の月曜日の後の最初の火曜日と定めた。

トランプ大統領のコメントは、すぐに多くの共和党の主要議員らから酷評された

リンゼー・グラム上院議員(サウスカロライナ州)やマルコ・ルビオ上院議員(フロリダ州)、トム・ティリス上院議員(ノースカロライナ州)、テッド・クルーズ上院議員(テキサス州)、ミット・ロムニー上院議員(ユタ州)といった複数の上院議員が、トランプ大統領とは意見が異なり、選挙は予定通り実施すべきだと考えていると語った。

ケビン・マッカーシー下院院内総務は「歴史上、連邦選挙をやらなかったことはなく、我々は選挙に向けて進むべきだ」とCNNに語った

連邦選挙を所管する下院管理委員会のメンバーでもあるロドニー・デイビス下院議員(イリノイ州)は、「連邦議会が選挙の日を決め、それは変更されるべきではない。予定通り、法で定められた通り、選挙は11月に行われる」とツイートした

州レベルでも、オハイオ州のフランク・ラローズ(Frank LaRose)州務長官や、ニューハンプシャー州のクリス・スヌヌ(Chris Sununu)知事、マサチューセッツ州のチャーリー・ベイカー(Charlie Baker)知事がトランプ大統領のコメントに強く異議を唱えた。

中でもスヌヌ州知事は「間違いなく、ニューハンプシャーでは11月3日に選挙が行われる。そういうことだ。ニューハンプシャーの我々の投票方式は安全で信頼できる」と書いた。

選挙人団のメンバーを選ぶプロセスについては、合衆国憲法第2章の第1条第2項 —— それぞれの州に「その立法部が定める方法により」上院議員および下院議員の総数と同数の選挙人を任命するよう求めている —— と合衆国法典第3篇第1条 —— 大統領および副大統領の任命は、4年ごとにそれぞれの州で「11月最初の月曜日の翌火曜日」に行うと定めている —— に書かれている。選挙日を変更するには、連邦議会がこの合衆国法典第3篇第1条を修正しなければならない。

トランプ大統領が選挙を延期しようとしても、それは大統領にとってプラスにならないだろう。

合衆国憲法修正第20条の定めから、選挙人団が投票しなかった場合、トランプ大統領とペンス副大統領の任期は2021年1月20日正午に自動的に終了することになる。

[原文:Top Republicans including Mitch McConnell forcefully rebuke Trump's suggestion to delay the 2020 election

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み