BI Daily Newsletter

米レンタカー大手、18万台以上の車を売却処分か…破産手続きの一環として


ハーツ

閉鎖されたハーツの店舗の前のレンタカー。2020年5月23日、コロラド州デンバー。ハーツは6月17日、5億ドル(約527億1900万円)分の保有株の売却計画を保留すると述べた。アメリカ証券取引委員会が調査を行っているためだ。

Associated Press

  • アメリカ証券取引委員会への提出書類によると、レンタカー大手のハーツが2020年12月31日までに、所有する18万2521台を処分するという。
  • これは、ハーツが債権者と結んでいる6億5000万ドル規模の暫定契約の一部である、とウォール・ストリート・ジャーナルは報じた。
  • ハーツがどのように車を「処分する」のかは明らかになっていないが、同社の販売サイトに掲載される可能性が高く、しかもかなり割安になるかもしれない。

破産手続きの一環として、レンタカー大手のハーツ(Hertz)は2020年の終わりまでに、約20万台の車を手放さなければならない、とアメリカ証券取引委員会(SEC)へ最近提出された書類に記載されている。

ハーツは、5月に破産申請をし、2020年12月31日までに、少なくとも18万2521台のレンタカーを「処分」しなければならないという。これは、同社が債権者と結んだ6億5000万ドル(約686億2000万円)規模の暫定契約の一部であるとウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。

この契約で、ハーツは7月から12月まで、資産担保証券(ABS)の買い手に対して6億5000万ドルを毎月均等分割で支払う必要がある。関係者がWSJのベッキー・イェラク(Becky Yerak)に語ったところによると、この金額は「ハーツが契約上支払わなくてはならない額の約半分」の額だという。この人物は「ハーツは連邦破産法第11章を免れるため、最大約20億ドル(約2100億円)の資金を調達しようとしている」とも述べている。

WSJは、この売却案は暫定であり、裁判所の承認が必要だと報じている。

この案に従うとすれば、ハーツは18万2521台のレンタカーを処分し、残りのおよそ31万台はそのまま保有する。WSJによると、販売価格から1台あたり900ドル(約9万5000円)をハーツが得て、その残りが債権者への返済に充てるという。

どのように販売されるかは分かっていない(おそらくハーツの自動車販売サイトだろう)が、中古車を買おうとしている人にとってはいいニュースだ。中古車販売は、新車販売が停滞しているCOVID-19のパンデミックの間に回復してきている

破産が発表される前の5月、同社がシボレー・コルベットZ06(Chevrolet Corvette Z06)20台以上を破格の安さで売りに出したとBusiness Insiderは報じた。数日で完売だった。今後、ハーツがこれだけの台数を早く売ろうと考えているとすれば、チャンスかもしれない。

[原文:Hertz must offload almost 200,000 cars by the end of 2020 as part of its bankruptcy deal

(翻訳:Ito Yasuko、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み