ジョブズが実践していた「生産性」高める秘訣とは?グーグル、ヤフーも助言求めた“紙1枚”でできる目標設定


スティーブ・ジョブズ

Justin Sullivan / Getty Images

  • スティーブ・ジョブズは、世界屈指の時価総額を誇る2つの企業、アップルとピクサーを創業した。
  • グーグルの共同創業者ラリー・ペイジやヤフーのCEOジェリー・ヤンといった名だたるリーダーも、ジョブズにアドバイスを求めた。
  • 賢いリーダーならば、「今年達成したいことリスト」を作るのではなく、1つの目標にのみフォーカスするべき、というのがジョブスの考えだった。
  • ジョブズは、目標にひとつずつ集中することでよりフォーカスが高まる、と語っていた。

2007年秋、新たにヤフーのCEOに任命されたジェリー・ヤンは、苦境にあった同社を立て直すべく、アップルのCEOスティーブ・ジョブズに助けを求めた。

その時ジョブズがヤンとヤフーの幹部に与えたアドバイスは、シンプルだが深遠なものだった。

約200人のヤフー幹部との社外会議でプレゼンテーションをしたジョブズは、多くの企業が1年以内に達成したいことを10個リストアップするが、「賢い会社はその10個から3つか4つに絞る」と説明したと、Business Insiderのニコラス・カールソンが著書『Marissa Mayer and the Fight to Save Yahoo!(邦訳:マリッサ・メイヤーとヤフーの闘争)』に書いている。

ジョブズは続けてこう述べた。「私のやり方はこうだ。紙を1枚用意し、『私の会社が来年たった1つのことしかできないとしたら、それは何か?』と問う。そして文字通り、他のことはすべてやめるんだ」

創業者が皆そうであるように、ジョブズもアップルを軌道に乗せるうえで多くの障害に直面した。実際、今でこそ時価総額1兆9200億ドルの巨大テクノロジー企業だが、1990年代には数々の経営不振を経験し苦しんでいた。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み