「あつ森」「Fortnite」でフェンシング大会配信?太田会長がeスポーツ会見で発言

OtaYuki01

eスポーツに強い関心を示した日本フェンシング協会の太田雄貴会長。

8月4日のオンライン会見より。

「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」「Fortnite(フォートナイト)」上でフェンシングの試合を配信する?

日本フェンシング協会の太田雄貴会長が8月4日、eスポーツ大会発足会見のパネルディスカッション「withコロナ時代における『スポーツ』と『eスポーツ』」に登場し、人気オンラインゲーム上での試合配信の可能性を言及した。

この日、eスポーツのトライアウト大会「スカウトリーグ」の発足会見がオンラインで行われた。プロのeスポーツ選手は世界大会に優勝すると数億円を稼げ、今や子どもたちの、将来なりたい職業ランキングで上位に入る。日本国内だけでも多くの選手やチームがある。

ScoutLeague20200804a

子ども達から将来の職業としてプロゲーマーは人気が高い。

出典:8月4日のオンライン会見の資料より

人気eスポーツゲームはプラットフォームになり得る

歌手・米津玄師は8月7日に、フォートナイト上でライブを行う。

フォートナイトのYouTube公式チャンネル

会見に登場した太田会長は、実はそこまでオンラインゲームやeスポーツに精通はしていないという。しかし、eスポーツの発展性や人気、そして技術には注目している。

太田会長自身、アイデアマンとして、フェンシングの大会を劇場で開催したり、LEDを用いた演出を取り入れるなどを行ってきたこともあって、eスポーツへの関心を高めた。

太田会長は、8月7日にオンラインバトルゲーム「フォートナイト」上で行われる歌手・米津玄師のライブを例に挙げ、同様にスポーツの試合配信の可能性にも言及した。

「実はゲームを楽しむだけではない。フォートナイトがプラットフォーマーとして(音楽ライブなどコンテンツを)取りにくる。僕らも、試合の配信をテレビでやるのではなく、フォートナイトやあつ森の中でやった方がいいんじゃないかと(今後)必ずなるでしょう」

eスポーツで世界的人気のフォートナイトでは、海外の人気歌手たちが音楽ライブを行っている。

MarshmelloのYouTube公式チャンネルより

2020年4月にあったトラヴィス・スコットのフォートナイト上でのコンサートには、同時接続者数が1000万人を超えた。

トラヴィス・スコットのYouTube公式チャンネル

フォートナイトやあつ森のようなオンラインゲームでは、仮想空間上に自分のキャラクターを動かして、友人とのコミュニケーションも楽しめる。フォートナイトでは、海外の歌手やDJがライブを行っており、仮想空間上でキャラクターを動かしたり、友人と一緒に観戦する楽しめる。

今年4月にフォートナイトで開催した、海外の人気歌手トラヴィス・スコットのイベントでは、同時接続者数が1000万人を越えて話題になった。

「結局、目の数(視聴者数)が多いところが覇権を取るという世界のトレンドの中で、今はYouTubeだが、もしフォートナイトの方が多ければ、(スポーツの試合配信なども)そっちになる。プラットフォームとして、ゲーミング(のプラットフォーム)は絶対外せない」(太田会長)

Atsumori

日本だけで無く海外でも人気のニンテンドースイッチのゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」。

Joni Hanebutt / Shutterstock.com

スーファミで釣られた太田会長

実は太田会長がフェンシングを始めたきっかけはゲーム。親からスーパーファミコンで釣られた。

「『がんばれごえもん2』と『スターフォックス』のソフト2本を買ってもらったんですが、フェンシングの練習でほとんどやれませんでした。また、eスポーツにこう絡むのは、(子どもの時のように)ゲームに戻ってきたなという感じ。eスポーツの方々からすると、こいつわかってねーなという人間ですが、これからeスポーツのことを勉強していきたい」

スカウトリーグを発足する目的

ScoutLeague20200804g

トライアウト大会「スカウトリーグ」が業界の入り口としての役割を果たすのを目指す。

出典:8月4日のオンライン会見の資料より

スカウトリーグを運営するワンダーリーグの北村勝利社長は、トライアウト大会の意義をこう説明した。

「今後も(eスポーツ業界は)盛り上がると予想されるが、業界の課題として、業界を志す子どもたちを受け止める仕事の量だったり、情報が未整備だったり、業界としての入り口がなかなか見つけづらい。こういったところを整備できないかと大会を立ち上げた」

ScoutLeague20200804f

eスポーツ業界はまだまだ未整備だという。

出典:8月4日のオンライン会見の資料より

チームも選手も、使われるゲームも多岐に渡る中で、せめて入り口だけでも分かりやすくしたい。プロ野球やJリーグに合同トライアウト、芸能界には「ホリプロスカウトキャラバン」など大規模オーディションがあるように、eスポーツ業界にもチームや企業のスカウトたちから、まだ見ぬ原石を発掘しやすい場があってもいい。

こういった北村社長の考えが、スカウトリーグの発足へと繋がった。

ScoutLeague20200804d

今や日本には無数のeスポーツチームがあるが、チームごとにゲームが異なる。

出典:8月4日のオンライン会見の資料より

スカウトリーグの主催大会と、強豪eスポーツチームとの共催大会を合わせて、年間50試合を予定する。ゲームの実力を競うプロゲーマー、ゲームをしながら実況するプロストリーマー、この2部門での人材発掘を支援する。

第1回大会は9月に開催する予定だ。

(文・大塚淳史

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BI PRIME

【音声付・入山章栄】正解なき時代は「実現したい自己」が問われる。いま日本社会に必要な“NX”とは

経営理論でイシューを語ろう

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み