BI Daily Newsletter

業績下降懸念のサンリオ、1Q決算は最終赤字。国内売り上げ半減、テーマパーク休園で特損も

↩︎記事に戻る
1 / 9 >

サンリオ ピューロランド

サンリオが2021年3月期第1四半期決算を発表。ピューロランドの臨時休園による特別損失を計上するなど、最終赤字だった。

Takamex/Shutterstock.com

この5年ほどで入場者数を大きく伸ばして「V字回復」と話題になった「ピューロランド」を擁しながら、「本業のキャラクタービジネスが危うい」(経営コンサルタントの森泰一郎氏)と懸念されていたサンリオが、2021年3月期第1四半期(2020年4〜6月)の決算を発表した。 上図のように、ここ数年利益を減らし…[続きを読む]
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み