「触っちゃダメ」学校の新型コロナ対策をMCハマーのヒット曲に乗せて校長が動画で紹介、話題に

手洗い

Crystal Cox/Business Insider

アメリカでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、秋に再開を予定している学校がソーシャル・ディスタンスの確保や手洗いなど、具体的にどのような対策を取るのか、親や教育関係者たちが心配している。

この緊張感漂う状況にちょっとした"明るさ"を足し、夏休み明けの学校がどんな雰囲気になるのかを伝えるために、アラバマ州チルダーズバーグにあるチルダーズバーグ高校のクエンティン・リー校長は、1990年のMCハマーのヒット曲『U Can't Touch This』のミュージックビデオと歌詞をアレンジした。

動画を通じて、リー校長はハンディ型の体温測定器や消毒スプレーを手に、視聴者に学校の廊下や教室を"体験"させる。多くの教育関係者が今、直面しているストレスや不安に同調しつつ、生徒や職員が接触を避けるべき場所を例示している。

曲の中でリー校長は、冷水器で水を飲もうとする生徒を止め、コピー機を使おうとする生徒を思いとどまらせ、生徒と生徒の間の6フィート(約1.8メートル)のソーシャル・ディスタンスを何度も測るなどしている。

動画を作った目的についてリー校長は、安全上の注意事項を教えながら「ちょっとした喜びを共有する」ことだったとCNNに語っている。動画が「自身の高校の生徒たちの関心を引き、コミュニティーを巻き込む」役に立ってほしいとも話している。

[原文:A high school principal reimagined MC Hammer's 'U Can't Touch This' to show what school could like in the fall

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み