新型コロナで株価を10倍以上にした「3つの企業」。家具通販、ワクチン開発、暗号通貨関連…

株価が10倍に。

Drew Angerer/Getty Images

  • アメリカの株価指数S&P500は、COVID-19パンデミックの影響で3月23日に最安値を記録したが、それ以降は上昇している。
  • 新興市場の株価指数、ナスダック100は、3月23日の安値以降、パンデミックとそれに伴う在宅勤務のトレンドが多くのテクノロジーや医療を中心とした企業のビジネスを加速させたことから、さらに大きな上昇を見せている。
  • そして、以下に紹介する3銘柄はナスダックをも大きく上回り、3月23日からそれぞれ1000%以上の上昇を記録した。

COVID-19のパンデミックは、経済活動の停止や自宅待機命令によって人々の消費行動を著しく制限し、多くの企業に大打撃を与えた。

一方で、パンデミックによって大きな恩恵を受けている企業もある。感染を防ぐために消費者が店舗に出向くことをやめ、支出が実店舗からeコマースへとシフトしているからだ。

また、COVID-19の治療薬やワクチンの開発を急ぐ製薬会社が急増しており、政府から助成金を受けている企業もある。

このことは、いくつかの企業の株価の、株式市場全体をはるかに上回る急騰につながっている。

3月23日にCOVID-19のパンデミックで最安値を記録して以来、株価は急上昇し、8月5日の午後の時点でS&P500指数は52%、ナスダック100指数は65%の上昇を記録している。

ここでは、3月23日から1000%以上の株価上昇を記録した3銘柄を紹介しよう。

(株価の上げ幅は、3月23日の終値を基準に、8月5日の午後の時点で計算している)


ウェイフェア(Wayfair):1056%上昇

家具通販サイトのウェイフェアの株価は、3月23日に26.25ドルをつけてから、1056%も急上昇した。同社は、eコマースと住環境のアップグレードという2つのトレンドに乗り、ビジネスが急拡大している。ウェイフェアは、第1四半期の決算報告で4月の1カ月間で売り上げがほぼ倍増したと述べた。

ウェイフェアの株価は年初からも235%上昇している。 3月23日以降、ウェイフェアの株式を所有するRobinhoodアカウントは54%増加した。


ノヴァヴァックス(Novavax):1788%上昇

ワクチン開発のノヴァヴァックス(Novavax)の株価は、3月23日の10.03ドルから1788%も急上昇した。このバイオテクノロジー企業はCOVID-19のワクチン開発に取り組んでおり、8月4日にフェーズ2の臨床試験での良好な結果だったと発表している。また、アメリカ政府から16億ドルの助成金を給付されることも、その株価上昇を後押しした。

ノヴァヴァックスの株価は年初からは4658%も上昇している。3月23日以降、ノヴァヴァックスの株式を所有するRobinhoodのアカウントは116%増加した。


オーバーストック(Overstock):2354%上昇

ネット通販会社のオーバーストック(Overstock)の株価は3月23日の3.79ドルから2354%も急上昇した。同社は7月30日に予想を上回る第2四半期の収益を報告し、eコマースのトレンドがさらに加速していることが、株価上昇を後押ししている。また、同社は暗号通貨ビジネスにも参入しており、その上昇の恩恵を受けている。

オーバーストックの株価は年初からは1218%上昇している。3月23日以来、オーバーストックの株式を所有しているRobinhoodアカウントは86%増加したた。



[原文:These 3 stocks have surged more than 1,000% since the COVID-19 pandemic low

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み