【速報】iPhoneでもPASMOが利用可能へ

PASMO Apple Pay対応

2020年内にiPhoneとApple WatchでPASMOが使えるようになる。

出典:PASMO協議会

交通系電子マネー「PASMO」(パスモ)を運営するPASMO協議会は8月6日、2020年中にApple Pay向けPASMOを展開することを発表した。iPhoneだけではなくApple Watchでの利用も想定されている。

PASMOは従来、プラスチック製のカードで展開されていたが、2020年3月18日から一部のおサイフケータイ対応Androidスマートフォンで利用できるようになった。

モバイルPASMO for Android

都内でも見かけるようになった「モバイルPASMO for Android」の開始を知らせるポスター。

撮影:小林優多郎

1月のAndroid対応発表時から、日本でもユーザーの多いiPhoneへの対応を求める声がSNS上などでもあがっていたが、PASMO協議会は「iOSについては未定」と回答していた。

現在、iPhoneおよびApple WatchではApple Payを通じてSuicaが利用できるため、Suicaが対応する交通機関の運賃等は支払えていた。しかし、Suicaが対応していない一部の地下鉄を含む私鉄や、バスの通勤定期券などの発行がiPhoneではできないのが現状だ。

現状のApple Pay

記事執筆時点では、iPhoneとApple WatchはSuicaしかサポートしていないが、PASMOが追加されると便利になるユーザーが増える。

撮影:小林優多郎

今回公表されたリリースでは「詳細が決まり次第お知らせいたします」としているが、Android版と同様の仕様になるのであれば、今までSuicaで発行できなかった定期券などを利用できるようになるだろう。今後の発表に期待したい。

(文・小林優多郎

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み