ハンバーガーより安い! バーガーキング5店舗が1ドルで売られる

バーガーキング

Irene Jiang / Business Insider

バーガーキング5店舗が同社のハンバーガー「ワッパー」よりも安い値段で売られた。

アメリカでは8月5日(現地時間)、ロサンゼルスに拠点を置くテイスティ・レストラン・グループ(Tasty Restaurant Group)がアイオワ州にあるバーガーキング5店舗を売り主から1ドル(約106円)で買収すると発表した。プレスリリースによると、5店舗のうち3店舗はこの売り主が所有する店舗で、残り2店舗はリース店舗だという。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の最中とはいえ、"飲食店5店舗が1ドル"というのは非常にまれだ。いかに業界に混乱が広がっているかが分かる。

テイスティ・レストラン・グループの担当者は、今回の買収について「単純な取引だ。オペレーターは買収するそれぞれの店舗の資産と債務を引き受けている」とRestaurant Businessに語った

新型コロナウイルスのパンデミックは、一部のレストラン企業に新たな店舗を買収するチャンスを与えている。パパ・ジョンズやダンキンマクドナルドといったチェーンは、パンデミックがフランチャイズ加盟者にとって新たな不動産を買収し、店舗数を増やすチャンスになっていると語った。

ただ、その一方でここ数カ月、大手ブランドのフランチャイズ加盟者の倒産も相次いでいる。7月初めには、ピザハットやウェンディーズ1600店舗以上を運営するアメリカ最大のフランチャイズ加盟者NPCインターナショナルが破産を申請した。同社は少なくとも一部店舗を売却しようとしている。他にも、ピザハットやアイホップ、サブウェイを運営する複数のフランチャイズ加盟者が破産を申請している

Restaurant Businessのジョナサン・メイズ(Jonathan Maze)氏は「今回の売却は小さな案件かもしれないが、小規模なフランチャイズ加盟者が店舗の改装や拡大のための資金を得るのに苦戦し、大手に売らざるを得なくなり、そうしてより大きな企業に集約されていく、フランチャイズ分野の課題を示すものでもある」と報じ、1ドルというのは「目を見張るような」価格だと伝えた。

[原文:5 Burger King locations in Iowa just sold for less than the price of a Whopper

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み