BI Daily Newsletter

未来の大統領専用機はマッハ5…航空宇宙のスタートアップがアメリカ空軍と契約

↩︎記事に戻る
1 / 2 >

次の大統領専用機はマッハ5、ハーミアス(Hermeus)

ハーミアスは今後5年で実験機を、10年で商用機を製造する計画だと、共同創業者でCOOのスカイラー・シュフォードは2019年に述べている。

Hermeus

航空宇宙分野のスタートアップ企業、ハーミアスは、マッハ5(音速の5倍)で飛行可能な大統領専用機を開発するため、アメリカ空軍との契約を締結した。極超音速の大統領専用機は、ニューヨーク-パリ間を90分で飛行可能だが、実現まで少なくとも10年はかかる。アメリカ政府は2021年、新しい大統領専用機として、…[続きを読む]
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

消費動向が示す「Go To トラベル」のリアル ── 東京追加で押し上げ、マイクロツーリズム浸透か

Go To キャンペーン

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み