無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


大反響! 12歳の頃から自身がゲイであることを隠してきた90歳の男性がカミングアウト

ケネス・フェルツさん

ケネス・フェルツさん。

NBC 3rd Hour of Today

  • ケネス・フェルツさん(90)は6月、フェイスブックで12歳の頃から自分はゲイだと知っていたとカミングアウトした。
  • アメリカ、コロラド州在住のフェルツさんは、新型コロナウイルスのロックダウン(都市封鎖)中に回顧録を書き始め、自身の性的アイデンティティーを認めることなくその人生のストーリーをシェアすることはできないと気付いた。
  • この事実を娘に伝えた後、フェルツさんは自身のストーリーをフェイスブックに投稿し、フィリップという名の男性との関係を明かした。
  • 「わたしはこの秘密をずっと隠してきて、墓場まで持っていくつもりでした」とフェルツさんはNBCの番組『Today』のインタビューで語った

ケネス・フェルツさん(90)は人生の大半を自身がゲイであるという事実を隠しながら過ごしてきた。

それはフェルツさんが墓場まで持っていこうと思っていた秘密だった —— 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)で"ステイホーム"している間に回顧録を書こうと決めるまでは。

回顧録を書き始めると、フェルツさんは自身の本当の性的アイデンティティー抜きに人生のストーリーを書くことはできないと気付いた。

そこでフェルツさんはカミングアウトすることに決めた。そしてこのニュースを6月、フェイスブックに投稿した

「わたしは常にゲイ・コミュニティーを擁護することができました。でも、それは部外者、同調者としてでした」

「今は、本当のわたしがわたしのコミュニティーを擁護するために声を上げることができます。自分自身を解き放つ決断をするまで、いかに自分が捕らわれていたか、わたしは全く気付いていませんでした。今は心から『わたしは自由だ』と言えます」

12歳の頃、自分はゲイだと気付いた

NBCの番組『Today』のインタビューに応じたフェルツさんは、カンザスの信仰の厚い家庭で育ったという。

自身のアイデンティティーをオープンにすることに安心感を覚えたことはなかったというフェルツさんは、実家を離れた後、他の男性たちと性的な関係を持ったものの、公の場でカミングアウトするのは怖かったと話した。

「カミングアウトすれば、家族、仕事、全ての人間関係…… 大きな代償を払うことになったでしょう」とフェルツさんは1950年代から1960年代にかけての風潮を語った。

「すぐに変質者と呼ばれたでしょうね」

フィリップという名の男性と恋に落ちるが……

Newsweek向けに書いた記事の中でフェルツさんは、朝鮮戦争の最中に4年間を米海軍で過ごしたと明かしている。カリフォルニア州に駐留し、そこでフィリップさんと出会い、恋に落ちた。

「わたしたちはすぐにお互いに惹かれ合い、デートし始めました。ただ、オープンにはしていなかったし、自分はゲイだということもカミングアウトしていませんでした」とフェルツさんは書いている。

「お互いに本当に夢中でした」とフェルツさんはフィリップさんとの関係について、NBCの『Today』に語った。

しかし、フェルツさんは2人の関係を続けることができなかったという。

「社会とわたしの信仰が、自分はストレートでなければならないと言っていた」とフェルツさんはNewsweekに書いた。

「教会とフィリップへの愛との間で悩んでいました」

2年後、フェルツさんはフィリップさんを置いてカンザスに戻り、1963年に女性と結婚して娘を1人もうけた。

フェルツさんの妻は、彼がゲイだとは全く知らなかったという。2人は16年後に離婚した。

フェルツさんの娘レベッカさんは1995年、自分は同性愛者だと父親にカミングアウトした。その約25年後、フェルツさんが娘にカミングアウトし、自身のストーリーをフェイスブックでシェアした。

フェルツさんの6月の投稿は、フィリップさんの姪だというあるユーザーとつながるきっかけになった。この女性は、フィリップさんが他界したと、フェルツさんに伝えたという。

「これほど近くにいたのに、自分の愛した人に届かなかったことがひどく悔やまれ、さよならを言えなかったことが本当につらい」とフェルツさんはフェイスブックに書いている

ポジティブな反応が新たな自信に

Newsweekの記事の中で、フェルツさんは6月にカミングアウトをして以来、新しい考え方を身に付けたと書いている。

「1人の同性愛者として、わたしはまず、これまで見た中で一番明るい色の短パンを手に入れました。髪とひげを青く染めて、プライド・フラッグと虹色のパーカーを買いました」

そして、自身の真実をソーシャルメディアで共有することで、他の人々の役に立つのではないかと考えていると付け加えた。

「多くの人たちが、カミングアウトする勇気をもらったとわたしに言ってくれるんです」とフェルツさんはNBCの『Today』に語っている。

[原文:Meet the 90-year-old man who came out as gay on Facebook after hiding his sexuality since he was 12

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ダンピエール・アン・ビュリーの原子力発電所

脱炭素の潮流のなか「原発返り」推進するフランス・マクロン大統領の思惑…COP26が10/31開催

  • 土田 陽介 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 副主任研究員]
  • Oct. 26, 2021, 11:00 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み