【シナモンAI・平野未来2】ベトナムで100人のAI天才級集団をいかに構築したか。バックパッカーで鍛えたフットワーク

Tsukurite_Hirano.002

撮影:伊藤圭

AIスタートアップ「シナモン」(以下、シナモンAI)代表取締役社長CEOの平野未来(36)は、コンピュータサイエンスを専門とするエンジニア。その目は、世界を捉えている。現在は東京、ハノイ、ホーチミン、台北の3カ国4都市に事務所を構えている。

2012年、平野は28歳の時に、今の事業の前身となる「スパイシー シナモン」をシンガポールで創業した。当初、主軸としていたのは写真チャットアプリ「Koala」のアプリ開発販売事業。早くから開発拠点をベトナムに置き、2015年には同国に「人工知能ラボ」を設立した。今ではここに、約100人もの「天才級の」(平野)ベトナム人エンジニアが在籍している。

「今ベトナムでAI企業と言えば、一番に我が社の名前が上がるようになったんですよ」

いつも口角をキュッと上げてチャキチャキと話す平野は、こう言うと口元をふっと緩めた。

入り浸った匿名チャットコミュニティ

平野は1984年、弁護士の父と不動産関連会社を経営する母のもと、東京に生まれる。

テクノロジーに目覚めた原点は2つある。一つは“飛行機”だ。

「家族で海外旅行に行くと、空港でずっと飛行機を見ているような少女でしたね」(平野)

もう一つが“インターネット”。Eメール、チャット、mixi……と、ウェブサービスの進化を見続けてきた。高校時代は毎日、「2ちゃんねるの前身みたいな匿名チャット」に入り浸っていた。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み