【シナモンAI・平野未来3】2度の大きな失敗から得た3つの教訓。3日で完成させたサービスが会社を救った

Tsukurite_Hirano.003

撮影:伊藤圭

ザンクトガレン シンポジウム「LEADERS OF TOMORROW」、Forbesジャパン「起業家ランキング2020」BEST10、ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019といった、国内外の数々の賞を受けてきた「シナモンAI」CEOの平野未来(36)は、起業家として、キラキラしたキャリアを築いてきたように見える。

でも振り返れば、累々と続く失敗の山……。

平野は、正直に実感を語る。

「私の起業家人生は、全然キラキラなんかしていない。失敗も財産という側面もあるけれど、それにしても大きな勉強代を支払った、という感じです」

これまでに2度、痛みを伴う大きな失敗を経験しているという。

1度目は、東大大学院生の時に初めて起業した「ネイキッドテクノロジー」の時。

2度目は、シンガポールで創業した「シナモン」で当初展開していた、ビジュアルなプライベートコミュニケーションサービス事業の時だ。

技術からビジネスを発想した失敗

実は2012年、学生時代に起業した「ネイキッドテクノロジー」で最初に手がけていたのは、人工知能(AI)を使ったサービスだった。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み