犯罪者たちは使用済み段ボールを違法にリサイクルして大金を稼いでいる

段ボール。

Robert Kneschke / EyeEm

  • 合法であれ違法であれ、段ボールのリサイクルは莫大な利益を生み出す。
  • 段ボールの違法なリサイクルは、ニューヨークやカリフォルニアといったアメリカだけでなく、スペインなどでも報告されていて、世界的な問題となっている。
  • 段ボールの動きは追跡が難しく、違法な販売が横行しやすい。

新たに儲けることに関して、泥棒は「既存の枠にとらわれない」ような考え方をするものだ。

合法であれ違法であれ、段ボールのリサイクルは莫大な利益を生み出す。実際、世界中で合法的に取り引きされる使用済みの段ボールは、2017年の43億ドルを上回って、2024年には年間54億ドル(約5700億円)規模になると見込まれている。

使用済み段ボールは「ベージュ色の金」と言われ、1トンでおよそ108ドルの価値がある。それが違法に取り引きされると「合法的にリサイクルをしている会社、市やその他自治体は、売り上げが減り、数千万ドルが失われる」とBBCが報じた。

通常、使用済み段ボールは中国に送られ、新たな段ボール箱を作るためにパルプ化される。だが、抜け目のない泥棒は、リサイクルされる前に段ボールを横取りする。

この問題は各地で発生していて、スペインではこのような不正なリサイクルの輪を断ち切るためのタスクフォースが結成された。2018年にはマドリードで、42人の男が18件中11件の違法な段ボールのリサイクルに関わったとして告発された。男らは2015年以降、毎年6万7000トン以上、平均1180万ドル相当の使用済み段ボールを盗み、輸出していた。マドリードは1890万ドルを失ったと見られている。

これはヨーロッパだけの問題ではなく、ニューヨークやカリフォルニアでも過去に段ボールの不正なリサイクルが報じられている

「問題は使用済みの段ボールが非常に追跡しにくいことだ」と、リサイクル会社BusinessWaste.co.ukのマーク・ホール(Mark Hall)氏はBBCに語った

「トラッカーが付いているわけではない」

使用済みの段ボールを合法的にリサイクルする場合、企業はリサイクル会社に費用を支払って適切に回収、処理してもらう必要がある。

ネットショッピングの増加とともに、リサイクルされた段ボールの使用も増えたことが、段ボールの価値を高めることにつながった。決済システムのACI Worldwideによると、6月の全世界のeコマースの取引量は前の年の同じ月に比べて31%増えた。世界各地で外出禁止令が発令されたことで、消費者が普段なら店舗で購入するものを配達してもらったためだと考えられる。パンデミックの初期には、段ボールの1トン当たりの価格が170ドルに跳ね上がっていた。

[原文:'Beige gold': Criminals are making a fortune by illegally recycling cardboard, and it's making a huge dent in the pockets of cities and local authorities

(翻訳:仲田文子、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み