アルファベット傘下「商用ドローン配送」実現の立役者が退社。電撃移籍から2年、ただしビジネスは絶好調

Wing ドローン

アルファベット傘下のドローン企業Wing(ウイング)に大きな動きが出てきたようだ。

Screenshot of Wing website

  • グーグルの親会社アルファベット傘下のドローン企業ウイング(Wing)の新たな最高執行責任者(COO)に、デイビッド・クンストが就任した。
  • 一方、前COOで2019年にアドバイザー職に転じていたファイサル・マスードは退社していたことがBusiness Insiderの調べでわかった。
  • ウイングの広報担当によると、クンストは「グローバル展開およびサポート可能なユースケースのさらなる拡大」を担当するという。
  • アルファベット傘下の他のグループ企業と同様、ウイングはパンデミックの最中に新たな役割を見出している。

アルファベットのドローン部門であるウイングは、退社したファイサル・マスードの後任COOにデイビッド・クンストを指名した。

クンストは7月にジョインしたばかりで、前職は配車サービス大手リフト(Lyft)の北カリフォルニア担当ゼネラルマネジャー

「クンストはオペレーションとプロダクトの知識・経験をバランス良く兼ね備え、当社ではグローバル展開およびサポート可能なユースケースのさらなる拡大を担当します」(ウイングの広報担当者)

ウイングのサービス紹介動画。

出典:Wing Official YouTube Channel

前任のマスードは1年前にCOOを降板してアドバイザー職に転じていたが、今年7月に退社した。

マスードは、アマゾンで10年近く、在庫計画やプライベートブランド「Amazonベーシック」を担当。次いでオフィス用品最大手ステープルズに移籍し、最高技術責任者(CTO)を4年超務めた。eコマースのベテランと言っていいだろう。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み