恐竜の骨、ペット用の家、幽霊検知器…億万長者9人のとんでもないお金の使い方

レディー・ガガは幽霊検知器を買った。

レディー・ガガは幽霊検知器を買った。

Stephen Lovekin/Getty Images

  • ミリオネアやビリオネアは、ヨットや大邸宅、車に大金を投じることが多い。
  • だが、なかには一風変わった嗜好を持ち、独特なお金の使い方をする人もいる。
  • ニコラス・ケイジは、珍しい遺物やエキゾチックなペットの愛好家だ。ヘッジファンド・マネージャーのスティーブ・コーエンは気味の悪いアートを好む。カニエ・ウェストは、身のまわりのものを片っぱしからキラキラに飾り立てたがる傾向がある。

超リッチな億万長者は、途方もなく高価なものを買うと相場が決まっている。

ヨット、大邸宅、ジェット機、車、スポーツチーム、そして島さえも、億万長者の買い物リストではおなじみだ。いっぽう、それほどおなじみではないが、恐竜の頭骨、ペットのタコ、幽霊検知器、無数のラメ、金メッキのトイレのような一風変わったものに散財する大金持ちもいる。

この記事では、おかしなものや変わったものに大金を注ぎこんできた経歴を持つ、有名なミリオネアやビリオネアを集めてみた。彼らの買った品々は、途方もなく高価で突飛というだけではない。少し不気味で、少し愉快でもある。

ニコラス・ケイジの2匹のアルビノのコブラから、パリス・ヒルトンの「犬用邸宅」まで、超リッチな人たちは、実に奇抜なお金の使い方を習慣にしている。


レディー・ガガ(Lady Gaga)には、NASAや幽霊が絡む奇想天外な買いものをした前歴がある

Lady Gaga

2019年5月6日、ニューヨーク、メトロポリタン美術館でのイベントで。

Evan Agostini/Invision/AP

推定純資産:2億7500万ドル(約289億8748万円)

レディー・ガガは、幽霊をとても怖がっている。幽霊を検知するために、5万ドルを費やして電磁場測定装置を買ったと報じられているほどだ。また、自らのツアー「ザ・モンスター・ボール」で、ティーカップ型のドレスからスチームを出す方法を見つけるために、アメリカ航空宇宙局(NASA)の経験豊富な科学者を5万2000ドルで雇ったほか、手編みのレースに1万9000ドル、自宅の水槽で飼う鯉27匹に6万ドルを費やしたとも報じられている。


ニコラス・ケイジ(Nicolas Cage)は、エキゾチックなペットと歴史的遺物の愛好家だ

2018年12月11日、中国の海南島国際映画祭で。

2018年12月11日、中国の海南島国際映画祭で。

VCG/Getty Images

推定純資産:2500万ドル(約26億3523万円)

ケイジは2015年、27万6000ドルを払って恐竜の珍しい頭骨を購入したが、のちに盗品だったことがわかり、関係当局に引き渡すはめになった。また、ペットのタコ1匹に15万ドル、コミック版「スーパーマン」の初版本にさらに15万ドルを投じた。2つの城と、アルビノのコブラ2匹も購入している

ケイジは非常に浪費家で、Business Insiderが以前にも報じたように、1996年から2011年の間に1億5000万ドルを散財したという報道が2015年ごろから出始めた。


ヘッジファンド・マネージャーのスティーブ・コーエン(Steve Cohen)は、その独特なアートの嗜好からもわかるように、エキゾチックな生物と人工物の組みあわせを好む

ビバリーヒルズで開催されたミルケン・インスティテュート(Milken Institute)グローバル会議で講演するスティーブ・コーエン。彼はポイント72アセット・マネジメント(Point72 Asset Management)の会長兼CEOだ。

ビバリーヒルズで開催されたミルケン・インスティテュート(Milken Institute)グローバル会議で講演するスティーブ・コーエン。彼はポイント72アセット・マネジメント(Point72 Asset Management)の会長兼CEOだ。

Reuters

推定純資産:146億ドル(約1兆5390億円)

超がつく億万長者の例に漏れず、コーエンも芸術作品の熱心なコレクターだ。だが、その嗜好は絵画だけにとどまらない。報道によれば、アーティストのダミアン・ハースト(Damien Hirst)が制作した、長さ14フィート(約4.3メートル)のホルマリン漬けのサメを800万ドルで購入したという。

また、Business Insiderが以前伝えたように、テレビチャンネル「フードネットワーク(Food Network)」のスター、ガイ・フィエリ(Guy Fieri)と1日を過ごすために10万ドル払ったこともある。


マイク・タイソン(Mike Tyson)も、エキゾチックなものや派手なものを好む

鳩と戯れるマイク・タイソン。

鳩と戯れるマイク・タイソン。

Photo by Stringer/Getty Images

推定純資産:300万ドル(約3億1623万円)

インターナショナル・ビジネス・タイムズ(International Business Times)によれば、タイソンはベンガルトラ3頭を1頭あたり7万ドルで購入し、トラのトレーナーを年間12万5000ドルで雇ったという。また、贈りものとして、純金のバスタブを220万ドルで購入したこともある。タイソンは2003年に破産を申請した


カニエ・ウェスト(Kanye West)も、キラキラ光るもの、とくにゴールドに目がない

カニエ・ウェスト。

カニエ・ウェスト。

Pierre Suu/GC Images

推定純資産:13億ドル(約1370億円)

ウェストはプレゼント魔だ。ジェイ・Z(Jay-Z)には3万4000ドルのゴールドの頭蓋骨を、娘のノース・ウェスト(North West)には、ダイヤモンドをちりばめた6万2000ドルのティアラを購入した。また、自分のためには、ダイヤモンドをあしらった歯を購入している(価格は6万ドルは下らないだろう)。

ウェストと妻のキム・カーダシアン(Kim Kardashian)は、自宅もきらびやかに飾り立てている。報じられているところによれば、金メッキのトイレ4つに75万ドルを、スワロフスキーをあしらったエレクトロラックス(Electrolux)製の冷蔵庫にさらに75万ドルを投じたという


ケシャ(Kesha)もキラキラ光るものが好きで、普段からキラキラのグリッター(ラメ)を愛用している

ケシャ

ケシャ。

Jeff Kravitz/AMA2019/FilmMagic for dcp

推定純資産:500万ドル(約5億2705億円)

ケシャは2011年、バニティフェア(Vanity Fair)誌に対し、「途方もない額」をラメに費やすと語っている

「たぶん、毎月数千ドルとか、それくらい」とケシャは話している。「私のライブに来てみればわかるけれど、グリッターには事欠かかない。ライブが終わるころには、会場の最後列から最前列まで、みんながグリッターまみれになって、窒息しそうになる」


ドレイク(Drake)は、カスタマイズした贅沢を好む傾向がある

ジョージア州アトランタでの公演で。

ジョージア州アトランタでの公演で。

Prince Williams/Wireimage

推定純資産:1億5000万ドル(約158億1135万円)

ドレイクの贅沢の嗜好は、しばしば独特なものになる。40万ドルで馬毛を使った高級マットレスを購入した。そしてそのベッドのヘッドボードにはウィスキーとシャンパンのバーが作り付けられている。また、カスタマイズしたロールス・ロイス・ファントムには、ダイヤモンドをあしらった金のフクロウの飾りが付いている。


マライア・キャリー(Mariah Carey)の浪費は飼い犬にまで及んでいる

マライア・キャリー

マライア・キャリー。

Brent N. Clarke/Invision/AP

推定純資産:5億2000万ドル(約548億1268万円)

バニティフェア誌によれば、彼女は毎月10万ドルをエキゾチックな花に費やし、どこであれ自分のいる場所に届けさせているという。また、ページ・シックス(Page Six)が2016年に報じたところによれば、年間4万5000ドルを、飼い犬のスパ・トリートメントに投じているという。さらに、自宅に子どものためのキャンディルームなども作っている。


パリス・ヒルトン(Paris Hilton)もペットに大金を費やしている

マイアミで開催されたスーパーボウル・イベントでパフォーマンスするパリス・ヒルトン。2020年2月。

マイアミで開催されたスーパーボウル・イベントでパフォーマンスするパリス・ヒルトン。2020年2月。

Eugene Gologursky/Getty Images for MCM

推定純資産:3億ドル(約316億2300万円)

Business Insiderが以前伝えたように、パリス・ヒルトンは飼い犬のために、2階建の「犬用邸宅」を建てた。エアコン、暖房、デザイナーズ家具、シャンデリアが完備されており、価格は32万5000ドルと報じられている。

また、車に惜しげもなく大金を投じる億万長者は多いが、ヒルトンの車コレクションは並外れている。たとえば、特注の「ホログラフィック」の外装のBMW i8や、20万ドル払ってダイヤモンドで輝くダッシュボードを据えつけたピンクのベントレー・コンチネンタルGTもある。

最近では、自撮り用のドローンを買ったとグラマー(Glamour)誌に語っている。

[原文:9 millionaires and billionaires with the most bizarre spending habits

(翻訳:梅田智世/ガリレオ、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み