BI Daily Newsletter

「au PAY」でユニクロが20%還元 ── 期間中約1万5000円の買い物が対象、コード支払い以外も対応

au PAYとユニクロアイコン

ユニクロおよびジーユーの実店舗でau PAYが利用できる。

撮影:小林優多郎

KDDIは8月24日、同社のモバイル決済サービス「au PAY」のコード決済がユニクロおよびジーユーの実店舗に対応したと発表。加えて、9月1日から9月30日までユニクロの実店舗で「ユニクロで20%還元キャンペーン」を実施する。

20%還元はコード決済“以外”も対象

キャンペーンロゴ

ユニクロで期間限定でau PAYを使うと最大20%のPontaポイントが貯まる(ユニクロのオンラインショップは対象外)。

出典:KDDI

キャンペーンでは、au PAYのコード支払い以外の決済方法にも対応し、それぞれのベースポイントに上乗せする形で、最大20%(税込200円につき40ポイント)のPontaポイントがもらえる。

  • au PAY(コード支払い)……基本分0.5%+キャンペーン分19.5%
  • au PAY プリペイドカード(Mastercard)……基本分0.5%+キャンペーン分19.5%
  • au PAY カード(Mastercard)……基本分1%+キャンペーン分19%
  • au PAY(QUICPay+/QUICPay)……基本分1%+キャンペーン分19%

還元上限額は1回あたり800ポイント、期間中の累計では3000ポイント。すなわち、コード支払いの場合であれば、1回あたり4103円、期間中の累計で1万5385円の買い物がおトクになる(いずれも税込み)。

有料会員には後日使える1000円クーポンも配布

クーポン

au スマートパスプレミアム会員向けには、1000円分の割引クーポンも配布。

出典:KDDI

さらに、月額548円(税込)の「auスマートパスプレミアム」加入者には、ユニクロ実店舗で使える1000円割り引きクーポンも配布。配布期間は9月1日から30日まで。

クーポンの利用期間は10月1日から10月31日までとなるので、「ユニクロで20%還元キャンペーン」との同時適用はできないのと、クーポンを使うにはau PAY(コード支払い)の利用が必須となる。

なお、「au PAY」「auスマートパスプレミアム」のいずれも、アカウント「au ID」を発行すれば、他の通信事業者や格安SIMの契約者でも利用できる。

ユニクロ対応でブランド認知を高めたいKDDI

ユニクロのレジ

ユニクロのレジは、現金を含めた各種キャッシュレス決済の対応、かごに入れた商品の自動読み取りなどハイテク化が進んでいる。

撮影:小林優多郎

au PAYは、その前身である「au WALLET」を含めるとキャッシュレスサービスとして成熟しており、支払い手段も多い。だが、コード支払いとしては後発で、au以外の回線契約者も利用できる点はあまり知られていない。

今回のキャンペーンは、コード支払い以外の支払い方法も対象であることから、大手アパレルであるユニクロ店舗への対応を機に、au回線契約者およびそれ以外のユーザーに対して「au PAY」の認知向上を狙うものだと考えられる。

(文、撮影・小林優多郎

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み