BI Daily Newsletter

グーグルのプロダクト開発の舞台裏。品質を陰で支えるチームは「20%ルール」から生まれた

グーグル

Sundry Photography / Shutterstock.com

  • グーグル製品をより多くの人にとって使いやすいものにするプロダクトインクルージョンチームは、同社の「20%ルール」から生まれた。
  • チームを率いるアニー・ジーン・バプティステは、チームが誕生した経緯を新著で明らかにしている。
  • このチームが関わった製品には、スマートフォンPixelやVRヘッドセットなどがある。

「20%ルール」から生まれたチーム

グーグルは2020年初め、製品のインクルージョン(受容性)とダイバーシティ(多様性)に寄与する社員が、社内全体で2000人以上にのぼると発表した。

「インクルージョンサポーター」によって構成されるこのチームは、製品の設計段階で性別、年齢、人種、障がいといったことを考慮するためにつくられたものだ。

だがそもそもの成り立ちは、一時あらゆるところで話題になったグーグルの「20%ルール」に端を発している。20%ルールとは、社員が勤務時間の20%を通常業務以外のことに費やしてよい、というものだ。

グーグルの社員

「20%ルール」はグーグルという組織を特徴づける要素のひとつだ。

Michael Short / Getty Images

プロダクトインクルージョンチームを統括するアニー・ジーン・バプティステは、このチームがつくられた経緯を著書『Building For Everyone』の中で明かしている。

どうすれば製品開発プロセスに「インクルージョン」という視点をもっと取り込めるだろうか——バプティステの著書には、集まったグーグラー(グーグル社員)たちの検討プロセスが記されている。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み