BI Daily Newsletter

フェイスブックがニューヨークに大型オフィス賃貸契約。“在宅勤務時代”にあえて物理拠点を置く4つの狙い

フェイスブック

michelmond / Shutterstock.com

  • フェイスブックは2020年8月初旬、ニューヨークにあるオフィススペースの大型賃貸契約を結んだ。
  • 同社幹部によれば、フェイスブックは在宅勤務を積極的に認めていく一方、オフィス勤務が今後も重要だと考えている。特にニューヨークのような主要拠点にオフィスを持つことは、今後の成長と事業運営の鍵となるという。
  • 在宅勤務の広がりによりオフィスの占有面積を縮小すべきかとの疑問が企業の間で上がるなか、フェイスブックの今回の判断は、大企業が物理的なオフィスの重要性についてどう捉えているかを示すものだ。

ニューヨークの一等地に新オフィスを契約

フェイスブックは2020年8月初旬、マンハッタンのウエストサイドにあるファーリービルのオフィススペースの全面積を占有する大型の賃貸契約を結んだ。特にニューヨークのような大都市で、従業員がオフィスに戻って働きたいと思うようになってくれることに期待してのことだ。

ファーリービル

フェイスブックが新たに賃貸契約を結んだファーリービル。1912年竣工の歴史あるビルで、中央郵便局も所在。

el_cigarrito / Shutterstock.com

今回契約した新設オフィススペースは総面積約73万平方フィート(約6万8000平方メートル)。このことは、世界屈指のテック企業である同社が最近発表した声明や決定とは対極の行動のように見える。

CEOのマーク・ザッカーバーグは2020年5月、「10年後には従業員の半数が在宅勤務に切り替わっているだろう」と予測していた。これに基づき、戻ってくる従業員が働く場所を確保するため、アメリカ全域に従来のようなオフィススペースを拡大していく予定だ、とザッカーバーグは補足していた。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み