ピーター・ティール創業のパランティア上場目前。巨額の利益を得る12人を公開…意外な日本企業の名も

ピーター・ティールとアレックス・カープ

Alex Wong, Drew Angerer/Getty Images

  • 謎多きビッグデータ会社パランティア(Palantir)は、上場に向けて目論見書を開示した。
  • これまで私募による複数回の資金調達において、パランティアの評価額は200億ドルに達した。同社の上場はシリコンバレー史上最大規模となる見込み。
  • 同社の上場申告書S1では、主要な株主名が明らかにされている。上場後の株価は未知だが、過去1月から4月にかけてプライベートで取引された平均株価をもとに、主要株主の株式価値を試算してみた。中には意外な日本企業も名を連ねている。

企業、政府、治安機関、諜報機関にテクノロジーを提供する謎のビッグデータ会社パランティア(Palantir)は2020年8月27日、ダイレクトリスティング(直接上場。投資銀行による引受を介さず、既存株主が株式を直接売り出す方式)による上場に向けて投資家向け目論見書を開示した。

パランティアの上場はシリコンバレーでも注目を集めている。その理由は、2004年に創業して以来多くの謎に包まれているからだ。同社は企業、政府、さらには諜報機関向けのビッグデータ・プロジェクトを手掛けているが、長年にわたって上場(とそれに伴う公の監視)を拒んできた。

上場申告書では、これまで私募による資金調達を通して合計30億ドル以上を出資した株主すべてが開示されているわけではないが、主要な株主名は明かされている。

試しに、主要株主が持つ株式価値を推計してみよう。株式の種類に関わらず1株5.35ドルとして計算する(これまでのプライベート取引における株価は4.19〜8.50ドルの範囲で変動)。5.35ドルは、2020年1月1日から8月21日までの取引価格の加重平均として、同社が開示している計算上の株価だ。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み