BI Daily Newsletter

全米最高額から62%オフ(それでも100億円)…ロサンゼルスの大豪邸を見てみよう

3万8000平方フィート(約35340席のホームシアターもある。

3万8000平方フィート(約3530平方メートル)の屋敷内には、40席のホームシアターもある。

Berlyn Photography

かつて全米で最高額の物件だったロサンゼルスの大豪邸が、売り出しから3年後の2019年10月にとうとう買い手がついた。ただし、62%という大幅な割引価格でだ。

2017年に売り出された当初は2億5000万ドル(当時のレートで約284億円)の値がついていたこの豪邸は、今回9400万ドル(約100億円)で売却されたが、買い手の身元は明らかにされていない。ウォール・ストリート・ジャーナルのキャサリン・クラーク(Katherine Clarke)はそう伝えている。

「ビリオネア」のニックネームを持つこの豪邸は、3万8000平方フィート(約3530平方メートル)の居住スペースと、1万7000平方フィート(約1580平方メートル)の娯楽用の屋外デッキを備えている。マスタースイート2室とVIP客用スイート10室に、21のバスルームもある。

そのほかにも、実際には使えない屋上のヘリパッド、85フィート(約25メートル)のインフィニティプール、40席のホームシアター、マッサージスタジオとスパ、ボウリング場、キャンディがずらりと並ぶ巨大なキャンディウォールなどの超豪華な設備がある。

ロサンゼルスの高級住宅地ベルエアにあるこの豪邸は、不動産会社ヒルトン&ハイランド(Hilton & Hyland)ネスト・シーカーズ(Nest Seekers)が取り扱っていた。

それでは、豪邸の内部を見ていこう。


ロサンゼルスにある4階建てのこの大豪邸は、当初は2億5000万ドルで売りに出されていたが、2019年10月に9400万ドルでようやく買い手がついた

001

Berlyn Photography

「ビリオネア」というニックネームを持つこのベルエアの豪邸は、当初の提示価格から62%引きで売却された


2017年1月に2億5000万ドルで売りに出された当初は、住宅物件としてはアメリカでもっとも高価なものだった

002

Sundry Photography/Shutterstock

この豪邸は、ベルエアの丘の中腹に立っている。不動産ディベロッパーのブルース・マコウスキー(Bruce Makowsky)はこの丘について、「世界でもっとも裕福な人たちが暮らす、贅沢なプライベートオアシス」と表現している。


発売から15カ月後の2018年4月に最初の値下げが行われ、1億8800万ドルで売りに出された。2019年1月に再び値下げされ、1億5000万ドルになった

003

Berlyn Photography

マスターデッキからロサンゼルスの眺望を楽しめる。


この豪邸には、1万7000平方フィート(約1580平方メートル)の屋外娯楽スペースがあり、85フィート(約25メートル)のインフィニティプールも備わっている

004

Berlyn Photography

マコウスキーはこの物件のウェブサイトで、「『ビリオネア』の狙いはシンプルだった。邸宅の敷地のすみずみまで、革新的で完全無欠なものにして、細心の注意を払って作りあげることだ」と書いている。「予算は、あってないようなものだった」


複数の屋外ラウンジエリアからは、街を一望できる

005

Berlyn Photography

Source: 924 Bel Air Rd.


屋内の装飾は、さまざまな様式を取り入れて豪奢な雰囲気に

006

Berlyn Photography

Source: 924 Bel Air Rd.


邸宅全体にガラスの壁が取り入れられたているため、多くの部屋からも山々、海、ロサンゼルスのスカイラインといった眺望を楽しめる

007

Berlyn Photography

Source: 924 Bel Air Rd.


マスタースイート2室、VIP客用スイート10室、21のバスルームに加えて、4レーンのボウリング場とラウンジ…

007

Berlyn Photography

Source: Nest Seekers


…そして40席のホームシアターもある

008

Berlyn Photography

Source: Nest Seekers


階下へおりると、総額3000万ドルの高級車が並ぶカーギャラリーがある

009

Berlyn Photography

Source: Nest Seekers


甘党の人なら、さまざまなキャンディをとりそろえた巨大なキャンディウォールに大喜びするだろう

010

Berlyn Photography

Source: 924 Bel Air Rd.


もちろん家具調度品は完備、アート作品もある

011

Berlyn Photography

上階にあるペントハウスの書斎では、ヘリポート(実際には使えない)と、純然たる装飾品であるヘリコプターを眺めることができる


シャンパンとワインがいっぱいに詰まったふたつのセラーと…

012

Berlyn Photography

Source: Nest Seekers


…100を超える、選りすぐりのアート作品もある

013

Berlyn Photography

Source: Nest Seekers


邸宅のあちこちに、5つのバーといくつかのラウンジエリアが配置されている

014

Berlyn Photography

Source: Nest Seekers


この邸宅にはフルタイムのスタッフが7人いる

015

Berlyn Photography

Source: Nest Seekers


娯楽用スペース以外では、最新の機器が揃ったフィットネスセンターと…

016

Berlyn Photography

Source: 924 Bel Air Rd.


…マッサージスタジオとスパもある

017

Berlyn Photography

Source: 924 Bel Air Rd.


9400万ドルという途方もない売却価格にもかかわらず、この邸宅は、2019年最高額の邸宅には遠く及ばなかった

018

Berlyn Photography

2019年8月、マリブにある豪邸が1億ドルで売却され、7月にはホルムビー・ヒルズの歴史ある邸宅が1億1900万ドルで売れた。さらに12月には、メディア王ルパート・マードック(Rupert Murdoch)の息子ラクラン・マードック(Lachlan Murdoch)が、広さ10エーカーの「チャートウェル・エステート(Chartwell Estate)」を1億5000万ドルで購入し、カリフォルニア州の不動産の史上最高額を更新した。

カリフォルニアの史上最高額は、2020年2月に再び破られた。このとき売れたのはビバリーヒルズの豪邸で、世界一の富豪ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)が1億6500万ドルを支払ったと報じられている。報道によれば、ベゾスはこの邸宅を購入する前に、マードックが購入した先述の豪邸を検討していたという。


現時点で、アメリカで売りに出されている最高額の邸宅は、投資家のゲイリー・ウィニック(Gary Winnick)が所有する4万平方フィート(約3716平方メートル)のジョージアン様式の豪邸だ。「カーサ・エンカンターダ(Casa Encantada)」として知られるこの邸宅もベルエアにあり、2億2500万ドルで売りに出されている

019

Courtesy of Hilton Hyland

Source: Business Insider

[原文:Look inside what was once America's most expensive home, a Los Angeles megamansion that sold for less than 40% of its asking price after 3 years

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

新着記事

Go To キャンペーン

消費動向が示す「Go To トラベル」のリアル ── 東京追加で押し上げ、マイクロツーリズム浸透か

  • 森永康平 [ナウキャスト客員エコノミスト・経済アナリスト]
  • Oct. 20, 2020, 01:00 PM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み