フェイスブック、アメリカ大統領選挙を控えて厳重なフェイクニュース対策を実施

ドナルド・トランプ大統領がフェイスブックでシェアした、2019年9月19日の会談の写真。

ドナルド・トランプ大統領がフェイスブックでシェアした、2019年9月19日の会談の写真。

Donald Trump/Facebook

  • フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは、アメリカ大統領選挙に先立って、厳重な不正予防措置を講じると述べた。
  • その対策は、郵便投票への誤情報から、公式の投票結果が出る前に候補者が勝利を宣言することなど、あらゆることを対象にしている。
  • 「もし候補者や選挙運動が投票結果が出る前に勝利を宣言した場合には、公式の投票結果がまだ出ていないことを知らせるラベルを投稿に追加し、公式の投票結果に誘導する」とザッカーバーグは述べた。
  • また、選挙の結果を誤魔化そうとしたり、合法的な投票方法の正当性を論じたりするようなコンテンツ、つまりトランプ大統領が繰り返し行ってきた郵便投票に対する主張も取り締まる予定だ。

フェイスブック(Facebook)の最高経営責任者(CEO)、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)は9月3日午前、2020年のアメリカ大統領選挙を前に、一連の予防措置を講じると発表した

「結果が出る前に勝利を宣言しようとする候補者や陣営があれば、投稿にラベルをつけることで正式な結果がまだ出ていないことを知らせ、正式な結果に導くようにする」とザッカーバーグは述べた。

ザッカーバーグによると、今回の動きは「投票結果が示されるにつれて激しい抗議が行われる」ことを想定したものだという。

アメリカでは依然としてコロナウイルスの大流行が続いており、大統領選挙ではこれまで以上に多くの有権者が自宅から郵便で投票すると予想されている。そのため、11月3日の投票日から選挙結果が正式に発表されるまでに時間がかかる可能性がある。公式の結果が出る前に勝利を宣言しようとする候補者や陣営があれば、フェイスブックはそれらの主張にラベルを付けるということだ。

フェイスブックの別の措置は、トランプ大統領をより直接的に標的にしているように見える。

「当社は、合法的な投票方法が詐欺行為につながると主張するなど、選挙結果の正当性を否定したり、投票方法の正当性を議論したりすることを目的としたコンテンツにラベルをつける」

トランプ大統領は、郵便投票は不正選挙につながると繰り返し主張している。

トランプ大統領は8月初めに「無差別に何百万の投票用紙を無差別に郵送するのか。誰が選挙に勝ったかわからないだろう」と述べていたが、最近行われた選挙では自ら郵送による投票を行い、支持者にも郵送による投票を奨励している

ザッカーバーグによると、これらの対策は「人々に投票を奨励し、信頼できる情報と結びつけ、誤った情報と闘う」ことが目的だという。

彼はフェイスブックが大統領選挙終了までこれらの措置を維持するだろうと述べた。

「明確で一貫性のあるルールを確立するために、我々は今から選挙結果が公式に宣言されるまでの間、選挙に関連したコンテンツへのポリシーを変更する予定はない」

[原文:Mark Zuckerberg says Facebook won't allow Trump to declare victory before the results are in

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み