BI Daily Newsletter

「ギガファクトリーのためなら何でもする」独経済相がテスラ全面支援宣言か。イーロン・マスク訪独で

テスラ イーロン・マスク ベルリン

9月2日、3日とドイツを訪れ、同国での投資案件について要人と会談したテスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)。

Tobias Schwarz/Pool via REUTERS

電気自動車(EV)世界最大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が9月2日にドイツを訪問した。

新型コロナウイルスワクチンを開発するバイオ製薬キュアバックのチュービンゲン本社を視察したほか、ベルリン近郊で建設中のテスラの生産拠点「ギガファクトリー」について、同国のアルトマイヤー経済相らと会談した。

(↓マスクCEOの来訪に興奮し、スマホで撮りまくるベルリン市民)

ワクチン開発はもちろん世界最大の関心事。しかし、欧州のビジネス関係者がそれと同じくらい、あるいはそれ以上に注目しているのが、今回のマスクCEOとアルトマイヤー経済相との会談、さらにはブランデンブルグ州のヴォイトケ首相との会談だ。

テスラは、ベルリンの南東30キロほどにある森と湖の町、ブランデンブルグ州グリュンハイデで「ギガファクトリー」を建設している。

テスラ ギガファクトリー グリュンハイデ

2021年夏の操業開始を目指して独ブランデンブルグ州グリュンハイデで建設が進むテスラのギガファクトリー。2020年8月31日撮影。

Sean Gallup/Getty Images

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み