パンデミックが不動産市場にもたらす「5つの決定的変化」UBS最新レポート

ニューヨーク ブルックリン橋 夜景

パンデミックの影響を受け、ニューヨークのような生活費の高い大都市では産業のあり方が大きく変化しそうだ。

Shutterstock.com

  • UBSは最近のレポートで、新型コロナウイルスのパンデミックが長期的に不動産市場に与えるインパクトについて解説している。
  • UBSの予測によると、このままリモートワークのトレンドが続けば、人口が集中する大都市のスモールビジネスは営業継続が困難になるという。

スイス金融大手UBSは最新のレポートで、新型コロナウイルスは長期的に「周期的」かつ「構造的」な変化をもたらすと予測している。

アメリカではパンデミックの結果、州間の越境移動が加速し、多くの人たちが人口稠密エリアを離れ、リモートワークを続けている。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み