パンデミックが不動産市場にもたらす「5つの決定的変化」UBS最新レポート

ニューヨーク ブルックリン橋 夜景

パンデミックの影響を受け、ニューヨークのような生活費の高い大都市では産業のあり方が大きく変化しそうだ。

Shutterstock.com

  • UBSは最近のレポートで、新型コロナウイルスのパンデミックが長期的に不動産市場に与えるインパクトについて解説している。
  • UBSの予測によると、このままリモートワークのトレンドが続けば、人口が集中する大都市のスモールビジネスは営業継続が困難になるという。

スイス金融大手UBSは最新のレポートで、新型コロナウイルスは長期的に「周期的」かつ「構造的」な変化をもたらすと予測している。

アメリカではパンデミックの結果、州間の越境移動が加速し、多くの人たちが人口稠密エリアを離れ、リモートワークを続けている。

結果として、郊外の不動産市場が活気を呈している。

UBSのレポートは昨今の状況を次のように説明する。

「外出自粛を受け、都市ならではの魅力といえるレストランや博物館、スポーツイベント、コンサート、ナイトクラブといった施設の多くが休業し、現在のところ、人口の集中する都市部で暮らすインセンティブは失われている

「最近では社会不安が増大し、いくつかの都市では大規模な抗議デモも発生するなど、都市からの人口流出は今後さらに深刻度を増しそうだ」

需要の抑制、住宅ローンの低金利、ソーシャルディスタンシング、在宅勤務といった要素も、望ましい暮らしのあり方として単世帯向け住宅が活況を呈する要因となっている。

注意せねばならないのは、都市を離れる人たちのすべてが住宅を購入するわけではないということだ。都市の状況が平常に戻るまでの間、郊外で賃貸住宅に入る人もいれば、(以前から所有している)セカンドハウスでやり過ごす人もいる。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

経営理論でイシューを語ろう

BI PRIME

【音声付・入山章栄】正解なき時代は「実現したい自己」が問われる。いま日本社会に必要な“NX”とは

  • 入山章栄 [早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授]
  • Oct. 01, 2020, 05:30 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み