BI Daily Newsletter

【音声付・入山章栄】アップルvs.フォートナイトは新旧プラットフォーマーの戦い。読み解く鍵は「バーチャル=バーチャル」

経営理論でイシューを語ろう

撮影:今村拓馬、イラスト:Singleline/Shutterstock

企業やビジネスパーソンが抱える課題の論点を、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄先生が経営理論を思考の軸にして整理する。不確実性高まる今の時代、「正解がない」中でも意思決定するための拠りどころとなる「思考の軸」を、あなたも一緒に磨いてみませんか?

参考図書は入山先生のベストセラー『世界標準の経営理論』。ただしこの本を手にしなくても、この連載は気軽に読めるようになっています。

前回は、アップルやグーグルといったプラットフォーマーが力を持つ構造をポーターの戦略論などから読み解いてきました。アプリストアから人気ゲーム「フォートナイト」を削除されたエピック・ゲームズ側に勝ち目はないのかというと……入山先生は「今やフォートナイトそのものがプラットフォームになりつつある」と言います。そのワケとは?

アップルはいまや独裁者?

【音声版の試聴はこちら】(再生時間:10分21秒)※クリックすると音声が流れます

こんにちは、入山章栄です。

前回は人気ゲーム「フォートナイト」を、アップルとグーグルがアプリのストアから削除した話題について、「SPC理論」「ネットワーク外部性」などの経営理論を使って解説しました。

今回は「フォートナイト」を制作しているエピック・ゲームズ(Epic Games)とアップル&グーグルの対立が、どのような推移をするかについて見ていきましょう。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み