【PRIME会員限定・ご招待】BI×アカデミーヒルズ「多様な価値をつなぐ『日本発のプラットフォーマー』」Vol.3

フードデリバリーで外食業界に新たな価値を:出前館

2020年1月末より開始した有料会員向けサブスクリプションサービス、「BI PRIME」。おかげさまでスタート以来、多くの方々にご入会いただいています。

いつもご愛読いただいているPRIME会員の方限定で、アカデミーヒルズ主催(協力:Business Insider Japan)のイベントにご招待します。テーマは 「多様な価値をつなぐ『日本発のプラットフォーマー』」 、その第3回となります。

なぜ「プラットフォーマー」なのか

GAFAに代表される巨大プラットフォーマーの存在感が増しています。私たちはプラットフォーマーに対して「人工知能(AI)を駆使して個人データを吸い上げ、利益とともに総取りしていく」というイメージを抱きがちです。しかし、AIとビッグデータの本来の強みは、多様な価値をマッチングさせる点にあります。

本シリーズのテーマは、アカデミーヒルズが2019年に共催した国際会議“Innovative City Forum”のビッグデータ分科会(ファシリテーター:Business Insider Japan統括編集長 浜田敬子氏)がベースになっています。その分科会で注目されたのが、次のコメントです。

「多様な価値、多様な幸せを発見して繋げてマッチングできることがAI・ビッグデータの本来の良さであり、一人ひとりの幸せを起点にビジネスをデザインするところに日本企業の可能性がある」

AIを使って、異なる価値観を持つ人々が快適に過ごすことができる社会を目指すことはダイバーシティを推進する原動力ともなります。GAFAのような巨大プラットフォーマーを目指すのではなく、高い付加価値を出せる小さいプラットフォーマーをたくさん輩出することが、より多様なニーズに応え、今まで見過ごされてきた社会の課題を解決し、日本をより良い社会にするのではないでしょうか。

本シリーズでは、そのような芽となる小さなプラットフォームを日本で立ち上げ、成長させている起業家たちをゲストにお招きし、モデレーターを務める浜田氏とお話を伺います。

第3回ゲストは出前館の中村さん

出前館中村さん

シリーズ第3回のゲストは、コロナ禍で需要が急伸しているフードデリバリーサービスの老舗、出前館の中村利江会長にお越しいただきます。中村さんは今でも配達員として勤務しており、現場も知る経営者として注目されています。

料理宅配サービスといえば、ウーバーイーツなどの新興プラットフォーマーを思い浮かべる人も多いかもしれません。しかし、出前館は1999年に創業。まだ電話が主流だった出前の注文をネットで受け付け、長きにわたってフードデリバリーの先駆けとして業界をリードしてきました。

コロナ以前から起きていたライフスタイルの変化によって料理宅配の需要が急増する中、ウーバーイーツなどの新興勢力との競争が激しくなり、同社も厳しい競争に直面してきました。今年3月にLINEの出資を受け、さらなるサービスの充実に取り組んでいます。

いま日本の外食業界で起きている現状を伺い、多様な飲食店と多様な消費者のニーズをつなげることで、単に「料理を運ぶ」だけではないプラットフォーマーとしての付加価値をどのように出そうとしているのか。その思想とコロナ後の外食業界の動向をどうご覧になっているか、中村さんに伺います。

お申し込みはこちらから。

■開催概要

・日時:2020年10月14日(水)17:00~18:00

・参加費:無料(アカデミーヒルズ ライブラリー会員、BI PRIME会員限定)

・定員:100名

・主催:アカデミーヒルズ(協力:Business Insider Japan)

・会場:オンライン(YoutubeLiveで配信予定)

・申し込み締切:10月13日(火)10:00

お申し込みはこちらから。

※こちらのリンクはアカデミーヒルズのイベントお申し込みサイトに遷移します。BI PRIME会員の方に、お申し込みに必要なコードをメルマガで9月17日(木)18:00前後にお送りします。会員でメルマガが届かないという方は、お手数ですがprime@businessinsider.jpまでご連絡ください。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み