BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

100リットルの水が100人分のシャワーに。「98%節水」東大発ベンチャーが挑む水ビジネス

Sponsored

前田瑶介さん

水ビジネスの世界に、全く新しい視点から参入している東大発ベンチャーがある。WOTA(ウォータ)だ。持ち運び可能な小型のポータブル水再生処理プラント「WOTA BOX」を開発した。

2020年7月の豪雨や2019年の台風15号、19号被害では、被災地の避難所に「WOTA BOX +屋外シャワーキット」を提供し大好評だった。水質はAIやセンサー、フィルターを駆使してWHO(世界保健機関)水準の清潔さに維持しつつ水再生処理を行う。こうすることで、100リットルの水で100人がシャワーを繰り返し使用できる。普通のシャワーに比べて約98%の節水だ。泥と汗にまみれてストレスがたまる被災者からは、感謝の言葉が絶えない。

さらに2020年7月には新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、「WOTA BOX」の技術を活かして「どこでも手洗い機(WOSH)」をわずか3カ月のスピードで開発し、予約受付を開始。11月から出荷を開始する。コンセント1つあれば、レストランや商店の店頭に設置でき、20リットルの水で500回の手洗いができる。

さらに手を洗っている30秒間に、スマホの表面に付着した菌を99.9%以上UV除菌できる機能も洗面台の側面に付けており、先行予約の600台は即完売した。6月には神奈川県鎌倉市と実証実験を行い、駅の改札口を出た所などに設置。ウィズコロナ時代の観光都市の対策として注目され、世界からも問い合わせが殺到している。

世界の水資源の不足は深刻だ。WOTAの技術は水処理を分散型にすることにより、上下水道がない国や地域でも生活用水の再利用を可能にする。

水ビジネスに果敢に挑戦するWOTAの前田瑶介社長(27歳)に、今後の事業展望や研究開発の方向性について伺った。

前田瑶介(まえだ・ようすけ)WOTA株式会社 代表取締役。1992年、徳島県生まれ。東京大学工学部建築学科卒業、同大学院工学研究科建築学(修士課程)修了。在学中より、大手住設メーカーのIoT型水回りシステムユニットの開発プロジェクトに参加。teamLab等でPM・Engineerとして勤務し、センシングや物理シミュレーションを用いた作品・プロダクトの企画・開発に従事。建築物の電力需要予測アルゴリズムを開発・売却後、WOTAに参画。特技は阿波踊り・競技ダンス。東京大学総長賞受賞。修士(工学)。

松田崇弥さんと松田文登さん

障がい者をアートビジネスの担い手に。へラルボニーが描く福祉とビジネスの未来

「異彩を、放て」というミッションを掲げ、福祉を起点に新たな文化をつくりだすことを目指す株式会社ヘラルボニー。福祉、ビジネスを柔軟な発想で掛け合わせ、社会を変革しようとしている、ヘラルボニー代表取締役社長の松田崇弥氏と代表取締役副社長の松田文登氏の2人に話を伺った。

Sponsored

MORE

Related articles