BI Daily Newsletter

心理療法士だからこそ分かる、"メンタルの強さ"に関する7つの事実

女性

Shutterstock

大学はわたしにメンタルヘルスについて教えてくれた。ただ、心理療法士としての経験こそが、わたしに多くを教えてくれたと思っている。

大学では、不安障害の診断の仕方や行動療法の使い方などを学んだ。

だが、"強くある"ということがどういうことなのか、わたしは自分のオフィスで、生身の人間と向き合うことから学んだ。わたしがこれまでに出会った精神的に最も強い人々の中には、うつや不安といったメンタルヘルスの問題と戦っていた人もいる。辛くても、彼らは症状を改善する役に立つ方策に懸命に取り組んでいた —— まさに"強さ"の証だ。

わたしはこうした人々から多くのことを学んだ。心理療法士をやってきたわたしがメンタルヘルスについて学んだ7つのレッスンを紹介しよう:

1. 大半の人は"強くある"ことの意味を誤解している

「わたしは強くなってきました。今週はそれほど泣きませんでした」といったことを言う人は多い。けれど、"強さ"は流した涙の数では測れない。

感情を隠すより、感情を表現する方が勇気を必要とすることが多いのだ。自分の感情を抑えるのは、"強い"のではなく、タフなふりをすることだ。メンタルの強さというのは、自分の感情を認め、それを表現し、健全な方法でそれに対処することだ。

2. 生まれながらにしてメンタルが強い人はいない

強い人というのは、そもそも「もとが違う」と考える人もいる。だが、生まれながらにして強い人などいない。誰もが、からだに筋肉をつけられるように、こころの"筋肉"を育てる能力を持っている。

わたしはさまざまな職業・地位の人々、さまざまなステージにいる人々が強いメンタルを作っていく過程を見てきた。結局、それは全て、恐怖に立ち向かったり、感謝の気持ちを行動に示すといったあなたが日々している選択なのだ。

3. こころの"筋肉"にもエクササイズが必要

「わたしは自分のメンタルを心配する必要はありません。十分、もう強いですから」といったことを言う人もいる。だが、それは「今後、ジムに行く必要はもうありません。わたしは十分、強いので」と言うのと同じことだ。わたしたちはからだの筋肉が衰えることは認めるのに、なぜかこころの"筋肉"を鍛える必要はないと考えがちだ。

だが、こころの"筋肉"を鍛えておかないと、脳は怠ける。決断を下す時に不健全な近道を選ぼうとしたり、居心地の悪い感情に流されて、自制するよりすぐに得られる喜びに飛びつこうとする。不健全な習慣に陥るのを防ぐためには、健全な物の見方、考え方を維持するために日々、こころのエクササイズをすることが必要だ。

4. 子どもには、強いメンタルを育てる能力がある

子どもを痛みから守ってあげたいと考える人も多いだろう。だが、辛い経験は人生最高の教訓にもなり得る。そして、子どもたちはサポートと自由の正しいバランスを得た時、問題に取り組む自分の能力に大きな自信を持てるようになる。

自分たちは弱いから、助けてもらわなくちゃいけないと考えるよう育てていくより、子どもたちには強いメンタルの作り方を教える方がいい。わたしたちがやるべきエクササイズを与えれば、子どもたちは信じられないくらい強くなれる。わたしはそれを自分のオフィスだけでなく、わたしの養子を通じて見てきた。

5. 強くいられる部分とそうでない部分がある

ものすごく自分に厳しいアスリートが依存症に悩まされているという話を、わたしたちはこれまでどれだけ耳にしてきたことだろう? そういうこともある。あなたのメンタルの強さはある部分で発揮され、ある部分では苦戦するかもしれないのだ。

例えば、会場いっぱいの人を前にスピーチするのは問題なくても、誰かをデートに誘うのは無理だという人もいるだろう。大抵の感情はうまくコントロールできるのに、怒りだけは抑えられないという人もいるかもしれない。

大切なのは、メンタルが完璧に強い人などいないと理解することだ。誰にでも取り組むべき部分がある。

6. "強さ"には環境が大きく影響する

有害な環境に囲まれていれば、最強かつ最良な自分でいることはできない。不健全な人間関係、ストレスだらけの職場、あまりにも散らかった空間は、最良の自分でいるために必要なメンタルの強さを弱める恐れがある。

あなたがもし、誘惑に抗ったり、ストレスをコントロールするのに多くのエネルギーを使わなければならない場所にいるなら、メンタルを鍛えるための脳の力もあまり残っていないだろう。それに対して、支援の見込める、健全な環境はあなたの成功を支えてくれる。

7. 見た目で相手の"強さ"は測れない

毎日ジムでからだを鍛えている人を見て、「あの人は間違いなく、強いメンタルを持っているはずだ」と考える人もいるだろう。だが、こうした人たちが自分のからだを限界まで追い込むのは、実は、彼らが自己愛ではなく、自己嫌悪でいっぱいだからかもしれないのだ。

他人がこころの中にどんな葛藤を抱えているか、知ることはできない。会議中、5人の前でしゃべる人が、5000人の前でスピーチをする人よりも、勇気を奮い立たせている可能性もある。

外から見ただけで相手がどのくらい強いか、必ずしも分かるわけではない。相手のこころの中で何が起きているかは分からないのだ。

※筆者のエイミー・モーリン(Amy Morin)氏は、心理療法士で世界的なベストセラー『メンタルが強い人がやめた13の習慣』や『メンタルが強い親がやめた13の習慣』の著者。モーリン氏の著書は37か国語に翻訳されている。ノースイースタン大学の講師でもある。

[原文:7 lessons about mental strength I learned from being a therapist

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み