BI Daily Newsletter

性能で“Pro上回る”? 第4世代「iPad Air」発表、6万2800円で10月発売 ── 指紋センサーも採用

Tim Cook

2020年、iPad出荷から10年目を迎え累計販売台数が5億台を超えたと話す、アップルCEOのTim Cook(ティム・クック)氏。

出典:アップル

アップルは9月16日、新型タブレット「iPad Air(第4世代)」と「iPad(第8世代)」を発表した。日本での発売日はiPad Airが10月、iPadが9月18日。価格は以下のとおり(いずれも税抜)。

  • iPad Air(第4世代)64GB・Wi-Fiモデル……6万2800円
  • iPad Air(第4世代)64GB・Wi-Fi+Cellularモデル……7万7800円
  • iPad Air(第4世代)256GB・Wi-Fiモデル……7万9800円
  • iPad Air(第4世代)256GB・Wi-Fi+Cellularモデル……9万4800円
  • iPad(第8世代)32GB・Wi-Fiモデル……3万4800円
  • iPad(第8世代)32GB・Wi-Fi+Cellularモデル……4万9800円
  • iPad(第8世代)128GB・Wi-Fiモデル……4万4800円
  • iPad(第8世代)128GB・Wi-Fi+Cellularモデル……5万9800円

新型iPhoneより先に“最新の心臓部「A14」”を搭載

iPad Air 第4世代

iPad Air(第4世代)はパステル風の5色のカラーバリエーションを展開。

出典:アップル

iPadの発表で最大の注目ポイントは、iPad Airに搭載されたチップセットだろう。

iPad Air(第4世代)は5nmのプロセスルールを採用した「A14 Bionic」を搭載。これはアップルの半導体の中でも最新のものだ。現行機種のiPhone 11 Proなどよりも新しい世代ということになる。

A14 Bionic

iPad Air(第4世代)は、最新のA14 Bionicチップセットを搭載する。

出典:アップル

アップルは、いままで新型iPhoneで新チップセットを発表、その後に同様もしくはその強化版をiPadに搭載してきた。その順序を逆転させたiPad AirのA14 Bionic搭載は、従来になかった展開といえる。

A14 Bionic搭載により第4世代Airは、第3世代Airに比べてCPU処理は40%高速化、グラフィック性能は30%、グラフィックの処理速度は2倍に向上している。

A14 Bionic スペック

A14 Bionicの詳細。

出典:アップル

その他の機能については、基本的に2018年11月発売の「11インチiPad Pro(第1世代)」を踏襲している。

特筆すべき点としては、iPad Proでは生体認証にFace ID(顔認証)を採用しているが、今回の第4世代AirについてはTouch ID(指紋認証)を採用。センサーは上側面にある電源ボタンに内蔵されている。

アップルが新型コロナ対応をどこまで意識したのかは未知数だが、Face IDはマスク装着時には機能しないため、Touch IDを歓迎する人は少なくないだろう。

Touch ID

iPad Air(第4世代)は、初めて画面側面にTouch IDを搭載するiOS(iPadOS)端末になる。

出典:アップル

Touch ID採用に伴い、正面カメラにも差分が生まれている。iPad Proは複数のセンサーを搭載し顔の形状を検出できるTrueDepthカメラを搭載するが、第4世代Airでは単なるFaceTime HDカメラとなっている。

iPad Air(第4世代)の特徴

iPad Air(第4世代)の特徴。

出典:アップル

iPad Air(第4世代)の主なスペック(括弧内は11インチiPad Pro第1世代のもの)

  • 大きさ(幅×高さ×厚み):178.5×247.6×6.1mm(178.5×247.6×5.9mm
  • 重量(Wi-Fi/Cellular+Wi-Fi):458g/460g(468g/468g)
  • ディスプレイ:10.9インチ2360×1640ドット(11インチ2360×1640ドット)
  • 画面輝度:最大500ニト(最大600ニト
  • ProMotionテクノロジー(120Hz描画):非対応(対応
  • チップセット:A14 Bionic(A12X Bionic)
  • Apple Pencil:第2世代(同様)
  • 背面カメラ:1200万画素・F値1.8(同様)
  • 正面カメラ:700万画素のFaceTime HDカメラ(700万画素のTrueDepthカメラ
  • スピーカー:2つ(4つ
  • Wi-Fi:IEEE 802.11a/b/g/n/​​ac/ax(IEEE 802.11a/b/g/n/​​ac)
  • SIM(Cellular版のみ):ナノSIM+eSIM(同様)
  • コネクター:USB Type-C+Smart Connector(同様)
  • 生体認証:Touch ID(Face ID)

現行Proの「LiDARスキャナ」はなし。価格重視なら無印iPadも狙い目

iPad Air(第4世代)のカメラ

iPad Air(第4世代)のカメラはシンプルなものだ。

出典:アップル

現行のiPad Pro(11インチiPad Pro第2世代と12.9インチiPad Pro第4世代)と比べると、大きなコンセプトの違いは、LiDARスキャナの有無と言える。

ARコンテンツを楽しむ(もしくは開発する)のでなく、ある程度高性能な処理能力を求めるのであれば、特に3月発表のiPad Proを「ステイ」で飛びつかなかった人にとっては、このiPad Air第4世代は“買い”と言える。

iPad(第8世代)

チップセットのアップデートが行われたiPad(第8世代)とSmart Keyboard。

出典:アップル

また、アップルは“売れ筋”とも言える比較的低価格なiPad無印シリーズもアップデート。チップセットがA10 FusionからA12 Bionicに変わったぐらいのマイナーチェンジで、Apple Pencilも第1世代、充電端子もLightningを採用する。

もし、今回発表されたiPad Air(第4世代)とiPad(第8世代)のどちらを購入するか迷ったら、より高い処理性能とUSB Type-Cによる拡張性を求めるならAir、価格重視であるならば無印、といった具合で判断するといいだろう。

(文・小林優多郎

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

スペイン 緊急事態宣言

フランス、スペイン二度目のロックダウンで迫りくる“本当の危機”

  • 土田 陽介 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 副主任研究員]
  • Oct. 29, 2020, 06:00 AM

経営理論でイシューを語ろう

BI PRIME

DXで50代営業パーソンの給料が上がる?「人間だけができること」とデジタルを掛け算せよ【音声付・入山章栄】

  • 入山章栄 [早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授]
  • Oct. 29, 2020, 05:30 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み