BI Daily Newsletter

ディズニーのリメイク映画 全14作品ランキング

ディズニー映画

批評家と一般視聴者の評価は必ずしも一致しない。

Walt Disney Pictures

ディズニーは近年、リメイク版映画を数多く作っている。製作の計画もまだまだある

こうした映画の多くは評価が分かれる。批評家が高く評価した場合も、酷評した場合も、一般の視聴者の評価とは必ずしも一致しない。

映画評論サイト「ロッテン・トマト(Rotten Tomatoes)」の一般視聴者の評価に基づく、これまでにディズニーが作ったリメイク映画全14作品のランキングを見ていこう。

※スコアは執筆時点のもので、変わる可能性があります。


14位 『101』(1996年)

『101』

『101』より。

Walt Disney Pictures

オーディエンス・スコア:40%

1961年のアニメーション映画『101匹わんちゃん』のリメイク。もとになったアニメーションの方のオーディエンス・スコアは76%だ。


13位 『ダンボ』(2019年)

『ダンボ』

『ダンボ』より。

Walt Disney Studios

オーディエンス・スコア:48%

1941年のアニメーション映画『ダンボ』のリメイク。もとになったアニメーションの方のオーディエンス・スコアは70%だ。


11位T 『ムーラン』(2020年)

『ムーラン』

『ムーラン』より。

Disney

オーディエンス・スコア:51%

1998年のアニメーション映画『ムーラン』のリメイク。批評家の評価(75%)とは差が付いた。もとになったアニメーションの方のオーディエンス・スコアは85%


11位T 『わんわん物語』(2019年)

『わんわん物語』

『わんわん物語』より。

Walt Disney Studios

オーディエンス・スコア:51%

1955年のアニメーション映画『わんわん物語』のリメイク。もとになったアニメーションの方のオーディエンス・スコアは80%だ。


9位T 『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年)

『アリス・イン・ワンダーランド』

『アリス・イン・ワンダーランド』より。

Walt Disney Studios

オーディエンス・スコア:55%

1951年のアニメーション映画『ふしぎの国のアリス』のリメイク。もとになったアニメーションの方のオーディエンス・スコアは78%だ。


9位T 『ジャングル・ブック』(1994年)

 『ジャングル・ブック』

『ジャングル・ブック』より。

Buena Vista

オーディエンス・スコア:55%

1967年のアニメーション映画『ジャングル・ブック』のリメイク。批評家の評価(80%)とは差が付いた。もとになったアニメーションの方のオーディエンス・スコアは82%


8位 『マレフィセント』(2014年)

『マレフィセント』

『マレフィセント』より。

Disney

オーディエンス・スコア:70%

もとになった1959年の『眠れる森の美女』 —— オーディエンス・スコアは80% —— とは違い、この作品はなぜマレフィセントが悪者になったのか、オーロラ姫との関係も合わせて描かれている。


7位 『ピートと秘密の友達』(2016年)

『ピートと秘密の友達』

『ピートと秘密の友達』より。

Disney

オーディエンス・スコア:72%

1977年のアニメーション映画『ピートとドラゴン』のリメイク。もとになったアニメーションの方のオーディエンス・スコアは60%だ。オリジナルよりも高く評価された、数少ないディズニーのリメイク作品の1つ。


6位 『シンデレラ』(2015年)

『シンデレラ』

『シンデレラ』より。

Disney

オーディエンス・スコア:78%

1950年のアニメーション映画『シンデレラ』のリメイク。もとになったアニメーションの方のオーディエンス・スコアは80%と僅差。


5位 『美女と野獣』(2017年)

『美女と野獣』

『美女と野獣』より。

Disney

オーディエンス・スコア:80%

1991年のアニメーション映画『美女と野獣』のリメイク。もとになったアニメーションの方のオーディエンス・スコアは92%だ。


4位 『プーと大人になった僕』(2018年)

『プーと大人になった僕』

『プーと大人になった僕』より。

Walt Disney Studios

オーディエンス・スコア:83%

『くまのプーさん』シリーズなどをもとに作られたこの映画では、クリストファー・ロビンをユアン・マクレガーが、プーさんの声をジム・カミングスが演じた。

2011年のアニメーション映画『くまのプーさん』のオーディエンス・スコアは88%だ。


3位 『ジャングル・ブック』(2016年)

『ジャングル・ブック』

『ジャングル・ブック』より。

Disney

オーディエンス・スコア:86%

1967年のアニメーション映画『ジャングル・ブック』のリメイク。もとになったアニメーションの方のオーディエンス・スコアは82%で、リメイク版の方が高く評価されている。


2位 『ライオン・キング』(2019年)

『ライオン・キング』

『ライオン・キング』より。

Disney

オーディエンス・スコア:88%

1994年のアニメーション映画『ライオン・キング』のリメイク。もとになったアニメーションの方のオーディエンス・スコアは93%だ。


1位 『アラジン』(2019年)

『アラジン』

『アラジン』より。

Disney

オーディエンス・スコア:94%

1992年のアニメーション映画『アラジン』のリメイク。批評家の評価(57%)とはかなり差が付いた。もとになったアニメーションの方のオーディエンス・スコアも92%と高かったが、リメイク版はさらに高く評価されている。

※編集部より:6位『シンデレラ』のもととなった映画のタイトルに誤りがありました。訂正致します。 2020年9月23日 14:10

[原文:Every Disney movie remake so far, ranked by audiences

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み