BI Daily Newsletter

アップル、容疑者のiCloudアカウントへのアクセスを許可…iPhoneロック解除拒否とはどこが違う?

Apple granted the FBI access to the iCloud account

Ted Warren/AP

  • ある裁判の文書によると、アップルは2020年夏、シアトルでパトカーに火をつけたとして告発された抗議者のiCloudアカウントへのアクセスを、FBIに許可した。
  • それによってFBIは、抗議を促すインスタグラム投稿、火炎瓶のレシピ、ジッパーを開けたバックパックに入った「緑のガラス瓶」の動画などを発見した。
  • 通常、アップルは裁判所が発行した捜索令状に従っている。しかし、アップルが容疑者のiPhoneロック解除に協力せす、捜査を妨げているというウィリアム・バー司法長官のクレームとは対照的に見える。

アメリカ連邦捜査局(FBI)は、パトカーに火をつけた容疑でシアトル在住の男性を捜査していたとき、アップル(Apple)に助けを求めた。

要請を受けてアップルはこの男性のiCloudアカウントへのアクセスを許可した。その結果、FBIがこの裁判で証拠品となっているスクリーンショット、写真、動画へのアクセスできたことが、裁判関係の文書で明らかになっている。

アップルが裁判所が発行した捜査令状に従って被疑者のデータを捜査官に引き渡すのは普通のことだ。裁判書類に詳細が記され、フォーブスも以前に報じたこのケースは、容疑者のスマートフォンのデータが捜査にどれほど重要であるかを示している。しかし一方で、これまでのFBIとアップルの衝突とは対照的だ。

FBIは、ワシントン州エドモンズ在住のケリー・ジャクソン(Kelly Jackson)容疑者を、放火と凶器不法所持の2つの容疑で起訴した。ジャクソン容疑者は、5月に起こった警察官の残虐行為に対するシアトルでの抗議行動中に、パトカーに火炎瓶を投げつけたとされている。

捜査当局は、監視カメラの映像を使ってジャクソン容疑者を特定し、捜査令状に基づいて彼の携帯電話の位置情報を調査した。ベライゾン(Verizon)社のデータによると、同容疑者は火炎を投げた疑いがある日に6回電話をかけており、その発信地はすべて事件現場の近くだった。また、彼がiPhone7を使用していたことも明らかになった。

その後FBIは、アップルにジャクソン容疑者のiCloudアカウントに関する情報提供を求めた。アップルは、同容疑者のアカウントに関連する氏名、電子メールアドレス、電話番号、住所を開示し、その後、裁判所の捜索令状に応じて、同容疑者のアカウントへのFBIのアクセスを許可した。

iCloudアカウントにアクセスしたFBIは、抗議活動を宣伝するインスタグラム(Instagram)投稿のスクリーンショット、「モロトフ・カクテル(火炎瓶)」の作成方法のスクリーンショット、バックパックに入った「緑色のガラス瓶」の動画を発見したという。また、ジャクソン容疑者の写真ファイルには、監視カメラの映像と同じパーカーを着ているように見える画像もあった。

このことは、連邦検察官が容疑者のスマートフォンを入手したとき、いかに多くのことが明らかになるかを示している。また、アップルが捜査に協力しないと非難するFBIの過去の不満と対照的だ。

ここ数年、ウィリアム・バー(William Barr)司法長官は、テロ容疑者のiPhoneのロック解除をアップルが拒否していると批判してきた(FBIは最終的に独自に携帯電話に侵入した)。

今回のケースとの違いは技術的な問題だ。アップルはすべてのユーザーのiCloudアカウントとそのデータにアクセスできるが、パスワードなしでiPhoneのロックを解除する「裏口」は存在しない。つまり、iPhone本体に保存されているファイルや、iMessageで送信される暗号化されたメッセージにはアクセスできない。アップルは、FBIの要請に従って「裏口」を構築することは、すべてのiPhoneユーザーのセキュリティを侵害することになると述べている。

アップルの広報担当者にコメントを求めたが、まだ回答は得られていない。

[原文:Apple gave the FBI access to the iCloud account of a protester accused of setting police cars on fire

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み