BI Daily Newsletter

倫理違反の人体実験に、青カビから生まれた“救世主”。150年の間に人類が手にした感染症に対する“武器”とは?【サイエンス思考】

サイエンス思考 感染症 第2回

Wellcome Collection. Attribution 4.0 International (CC BY 4.0)

前回の記事では、長崎大学の山本太郎教授とともに、ウイルスや細菌といった感染症を引き起こす存在の「正体」にまつわる人類の進歩の歴史を振り返りました。

19世紀末、ドイツの細菌学者、ロベルト・コッホが感染症の原因となる「病原体」の正体を「細菌」だと明らかにしたことは、現代の感染症対策を形作る大きな節目となりました。

感染症の原因を特定できたことで「それを取り除けば治療できるかもしれない」という、治療の糸口が見つかったのです。

その後、病原体としてウイルスの存在も明らかにされると、感染症の研究は、原因となる細菌やウイルスの研究と、免疫システムの研究などが複雑に絡み合いながら進んでいくことになりました。

そしてそれらは、感染症に対抗するために欠かすことのできない技術の発見につながっていきます。

とりわけ、「ワクチン」と「抗生物質」は、感染症に対する「守り」と「攻め」の役割を担う存在として、人類にとって最も重要な発見だったといえるでしょう。

この2つの発見には、とくに5人の科学者が重要な役割を果たしたといわれています。

18世紀に誕生していた「予防接種」という概念

RTRFKJ5

自然の天然痘(Smallpox)は、既に地上から根絶されていると考えられていますが、天然痘のウイルスを人工的に合成することは技術的に可能だといわれています。そのため、テロリストが生物兵器として天然痘を用いる可能性がないとは否定できません。アメリカCDCでは、現在でもアメリカの全人口をカバーできる量のワクチンを保有しています。

REUTERS/Brendan McDermid

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み