BI Daily Newsletter

韓国LG化学、日産が閉鎖予定のバルセロナ工場を1200億円超で買収か。需要増える車載電池の生産拠点に

日産自動車 スペイン バルセロナ 工場

日産自動車のバルセロナ工場に掲げられたロゴ。同工場の閉鎖をめぐっては、労働者や地元関係者の抗議デモが激化し、スペイン政府が介入する事態になっている。

REUTERS/Albert Gea

韓国のLG化学が、2021年末の閉鎖を予定している日産自動車のバルセロナ工場(スペイン)を買い取り、車載電池工場に転換するという。エウロパ・プレスなどスペインの複数メディアが報じた。

もし実現すれば、ヨーロッパではドイツに次ぐ第2の電気自動車(EV)生産台数を誇るスペインに、車載電池の生産拠点を置くことになる。

LG化学にとって、ヨーロッパでの工場展開はヴロツワフ(ポーランド)に続いて2件目。同工場では今年3月、増産のためにトルコの家電大手ベステルから組み立て工場を買収している。

韓国LG化学の車載電池PRムービー。2020年第1四半期(1〜3月)、同社は電気自動車(EV)向けバッテリー供給量で世界トップシェアを獲得している。

出典:LG Chem YouTube Official Channel

日産は構造改革の一環として不採算事業や余剰設備の整理を進めており、バルセロナ工場(および近隣の2工場)を2021年12月に閉鎖する方針を打ち出していた。

日本貿易振興機構(JETRO)のレポートによると、同工場の稼働率は新型コロナ感染拡大の前から25%を下回っていた。地元メディアのオリーブプレスはさらに詳細に、2019年の稼働率が20%だったと報じている。

スペイン政府は日産撤退を受けた雇用維持策として、バルセロナ工場の買収にかかる費用16億ユーロ(約2000億円)のうち6億ユーロ(約750億円)を補助する提案を示している。LG化学がこの政府提案に応じた場合、工場に勤務する約2500人のうち1500〜2000人の雇用を引き継ぐとみられる。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み