BI Daily Newsletter

【独占】ネットフリックスCEO「解雇はつらいが、世界一になるにはオリンピック選手並みの優秀人材が必要」(後編)

RTR46A5F

REUTERS/Gonzalo Fuentes

  • ネットフリックスの急成長の秘訣は、その型破りな企業文化と人事方針にあると言われている。とりわけ、パフォーマンスが冴えない人材を容赦なく解雇したり、社員に対して率直なパフォーマンス評価を下す点はネットフリックスの過激な一面だ。
  • こうした世間の見方に対し、同社CEOのリード・ヘイスティングスは「世界の舞台でトップに立つためにはオリンピック選手並みに優秀な人材が必要だ」と説明する。
  • 本稿では、ヘイスティングスが語るこだわりの仕事哲学と、「クリエイティブな組織の作り方」を紹介する。

解雇はつらいが、不名誉なことではない

ニック・カールソン(以下、カールソン):ネットフリックスの「キーパー・テスト」については詳しく伺いたいと思っていました。キーパー・テストとは、例えば自分の部下が競合他社からすごく良い条件で他社に引き抜かれそうになっている時、自分は必死になって引き留めようとするかということですよね。

もし、部下に他社に移ると言われてホッとするか、悪く言えば別によそへ行ってもらってもかまわないと思うのであれば、上司はそういう部下には会社にいてもらっては困るということですよね。端的に言えばクビにすべきだと。

これは部外者から見ればネットフリックスの最も過激な一面だと思います。「そうか、ネットフリックスではそこそこの人材、超優秀と呼べない人材はすぐにクビになるということか」と思われるでしょうから。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み