BI Daily Newsletter

殺人アメーバに感染した6歳の男児が死亡…当局は住民に対し、水道水を煮沸するように要請

人間の脳を侵すアメーバ、フォーラーネグレリア は淡水に生息する。

人間の脳を侵すアメーバ、フォーラーネグレリア は淡水に生息する。

CDC

  • フォーラーネグレリアという脳を食べるアメーバによって9月8日、テキサス州の6歳の男児が死亡した。
  • この事件で当局は8つの都市に対して、検査を終えるまでは水道の水を使用しないように勧告した。後に、この勧告は解除されたが、現在も住民は水を沸かして使うように求められている。
  • 男児の母親は「怒り、動揺し、悲しみ、悲嘆に暮れた」と述べたが、彼女は「彼がどうやって感染したのかがわかっているということは、心に安寧を与えてくれる」と語った。

6歳の少年の死が、テキサス州当局に、給水設備に脳を食べるアメーバが存在すると警告することになった。

CNNによると、テキサス州環境品質委員会(Texas Commission on Environmental Quality:TCEQ)は、ブラゾスポート水道公社が管轄する8都市の住民に対して、きわめて危険な微生物の一種、フォーラーネグレリア(Naegleria fowleri)が存在していることを理由に、水道の水を摂取しないように警告した。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると、このアメーバは、土壌と温かい淡水(河川、温泉、湖など)のほか、塩素処理が不十分なプールや水道の温水にも生息していることがあるという。

汚染された水が鼻に入ると、その後フォーラーネグレリアは脳に移動し、原発性アメーバ性髄膜脳炎(PAM)と呼ばれる致命的な感染症を引き起こす。

CNNは、一連の出来事は9月8日、テキサス州レイクジャクソン市当局が、ジョサイア・マッキンタイア(Josiah McIntyre)君の入院と死亡を知ったことから始まったと報じた。水道などを調査した結果、脳を食べるアメーバは、レイクジャクソン市民センターの噴水や少年の家の水道のホースの中などにいたことが明らかになり、市は災害宣言を発した。

地元テレビ局によると、母親のマリア・カスティーヨ(Maria Castillo)さんは「彼は活発な少年で、本当にいいお兄ちゃんだった。彼は多くの人を愛し、大切にしていた」と話したという。

市当局は、CDC、テキサス州保健省、テキサス州環境品質委員会とともに、水道を検査した。

CNNによると、9月25日の時点で、11個のサンプルのうち3つが陽性と判定された。ブラゾスポート水道公社の全ユーザーに対して出されていた「水道水の使用禁止」勧告は解除されたが、TCEQは引き続き、他の予防措置とともに、レイクジャクソンの住民に、水を飲む前に煮沸するよう求めていると、ツイッター(Twitter)上で発表した

CDCによると、フォーラーネグレリアによる感染症は非常にまれであるが、そのほとんどが死に至る。1962年から2018年までに145人の患者が記録されていて、生存者はそのうちわずか4人だった。

地元テレビ局によると、母親のカスティーリョさんは、自分の子どもの死の原因を知ることで慰めを感じたという。「私は怒ったり、動揺したり、悲しんだり、嘆いたりしている」と、彼女は言った。

「家族の心の平静を求めていたので、(原因を知ることは)とても大切なことだった。彼が戻ってこないのはわかっている。でも彼がどうしてそうなったかがわかっているという事実は、少し慰めを与えてくれる」

[原文:Brain-eating amoeba kills a 6-year-old boy in Texas, prompting officials to test the water supply to 8 cities

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み