BI Daily Newsletter

ウィル・スミスが出演した最高の映画トップ10&最低の映画ワースト10

ウィル・スミス

Sony Pictures, Columbia, and Warner Bros. Entertainment

NBCのテレビドラマ『ベルエアのフレッシュ・プリンス』で主演を務めた後、ウィル・スミスはコメディーからアクション満載のドラマまで、さまざまなジャンルの映画に出演してきた。ただ、輝かしいキャリアの中にはいくつかの失敗作もある。

映画評論サイト「ロッテン・トマト(Rotten Tomatoes)」の批評家の評価による、ウィル・スミスが出演した最高の映画トップ10と最低の映画ワースト10を見ていこう。

※スコアは執筆時点のもので、変わる可能性があります。


評価の最も低い作品は、ボリウッドの『Student of the Year 2』(2019年)だ。

『Student of the Year 2』

ウィル・スミスは『Student of the Year 2』にカメオ出演した。

Dharma Productions

批評家スコア:6%


SF作品『アフター・アース』(2013年)で、ウィル・スミスは司令官サイファ・レイジを演じた。

『アフター・アース』

『アフター・アース』より。

Sony Pictures

批評家スコア:11%


『ニューヨーク 冬物語』(2014年)では判事を演じた。

『ニューヨーク 冬物語』

『ニューヨーク 冬物語』より。

Warner Bros. Pictures

批評家スコア:13%


『素晴らしきかな、人生』(2016年)ではハワードを演じた。

『素晴らしきかな、人生』

『素晴らしきかな、人生』より。

Barry Wetcher/Warner Bros.

批評家スコア:14%


『ワイルド・ワイルド・ウエスト』(1999年)ではジェームズ・ウエストを演じた。

『ワイルド・ワイルド・ウエスト』

『ワイルド・ワイルド・ウエスト』より。

Murray Close/Warner Bros.

批評家スコア:17%


『バッドボーイズ2バッド』(2003年)でウィル・スミスは、マイク・ラーリー刑事として戻ってきた。

『バッドボーイズ2バッド』

『バッドボーイズ2バッド』より。

Sony Pictures Entertainment

批評家スコア:23%


『7つの贈り物』(2008年)ではベン・トーマスを演じた。

『7つの贈り物』

『7つの贈り物』より。

Sony Pictures

批評家スコア:26%


『ジェミニマン』(2019年)では、2バージョンのヘンリー・ブローガンを演じた。

『ジェミニマン』

『ジェミニマン』より。

Paramount Pictures

批評家スコア:26%


『スーサイド・スクワッド』(2016年)ではデッドショットを演じた。

『スーサイド・スクワッド』

『スーサイド・スクワッド』より。

Warner Bros. Pictures

批評家スコア:26%


『ブライト』(2017年)ではダリル・ウォードを演じたが、批評家の評価はいまいちだった。

『ブライト』

『ブライト』より。

Matt Kennedy/Netflix

批評家スコア:28%


一方、『メン・イン・ブラック3』(2012年)はウィル・スミスが出演したものの中で最も評価の高い作品の1つだ。

『メン・イン・ブラック3』

『メン・イン・ブラック3』ではエージェントJを演じた。

Wilson Webb/Columbia Pictures

批評家スコア:68%


『アイ・アム・レジェンド』(2007年)ではロバート・ネビルを演じた。

『アイ・アム・レジェンド』

『アイ・アム・レジェンド』より。

Warner Bros. Pictures

批評家スコア:68%


コメディー作品『最後の恋のはじめ方』(2005年)ではアレックス・ヒッチを演じた。

『最後の恋のはじめ方』

『最後の恋のはじめ方』より。

Barry Wetcher /Sony Pictures

批評家スコア:69%


『エネミー・オブ・アメリカ』(1998年)では弁護士ロバート・クレイトン・ディーンを演じた。

『エネミー・オブ・アメリカ』

『エネミー・オブ・アメリカ』より。

Buena Vista Pictures

批評家スコア:72%


アニメーション作品『スパイ in デンジャー』(2019年)ではランス・スターリングの声を担当した。

『スパイ in デンジャー』

『スパイ in デンジャー』より。

20th Century Fox

批評家スコア:76%


ウィル・スミスは『バッドボーイズ フォー・ライフ』(2020年)で、マイク・ラーリーとして戻ってきた。

『バッドボーイズ フォー・ライフ』

『バッドボーイズ フォー・ライフ』より。

Columbia Pictures

批評家スコア:77%


『ハートブレイク・タウン』(1992年)ではマニーを演じた。

 『ハートブレイク・タウン』

『ハートブレイク・タウン』より。

New Line Cinema

批評家スコア:80%


『私に近い6人の他人』(1993年)ではポールを演じた。

『私に近い6人の他人』

『私に近い6人の他人』より。

MGM Home Entertainment

批評家スコア:88%


ウィル・スミスはSFコメディー『メン・イン・ブラック』(1997年)で主演。

『メン・イン・ブラック』

『メン・イン・ブラック』では、エージェントJを演じた。

Columbia Pictures

批評家スコア:92%


最も高く評価されている作品は、ドキュメンタリー『Dads 父になること』(2020年)だ。

『Dads 父になること』

『Dads 父になること』より。

Imagine Documentaries

批評家スコア:94%

[原文:Will Smith's career has spanned genres. Here are his 10 worst and 10 best films.

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み