BI Daily Newsletter

大手スーパーがテスラの電動トラックを大量発注…ウォルマート・カナダ、2028年までに全車両を電気自動車に

ウォルマート・カナダは、2028年までに全輸送車両を代替エネルギーで稼働させる。

ウォルマート・カナダは、2028年までにすべての輸送車両を代替エネルギーで稼働させる計画だ。

Tesla

  • ウォルマート・カナダはテスラ・セミトラックの予約注文台数を当初の3倍以上の130台に増やした。
  • 同社は2022年までに全車両の20%を電化し、2028年までに全車両を代替エネルギーで稼働させる計画だ。
  • テスラは当初、セミトラックを2019年に発売すると述べていたが、現在は2021年に納車を開始するとしている。

ここ数週間、電気自動車業界の話題は、詐欺疑惑司法省による調査、物議を醸した創業者の退社株価の急落など、この分野のスタートアップ企業ニコラ(Nicola)で埋め尽くされている。

しかし、業界をもう少し詳しく見てみると、特許侵害でニコラから訴訟を起こされたテスラ・セミは、受注数を増やしている。

ウォルマート・カナダ(Walmart Canada)は9月29日、テスラ(Tesla)の18輪電動トラックの予約注文数を当初の3倍以上の130台に増やしたと発表した。同社は、2017年11月にテスラが新型トラックを発表した直後に10台を予約し、2018年にはさらに30台を追加注文していた。

「テスラ・セミトラックの予約を3倍に増やすことは、事業を革新し、持続可能性を優先するための継続的な取り組みの一環だ」とウォルマート・カナダの物流・サプライチェーン担当シニアバイスプレジデントのジョン・ベイリス(John Bayliss)は述べた。

電気自動車であるテスラ・セミは、運営コストを削減するとともに、保有車両の持続可能性を向上させると同社は述べた。また、緊急ブレーキ、車線維持サポート、車線逸脱警告などのセミの持つ安全機能を、導入の理由として挙げている。

ウォルマート・カナダは、2022年までに全車両の20%を電気自動車に変更し、2028年までに全車両を代替エネルギーで運用する計画の一環として、この予約注文を行ったという。

ウォルマート・カナダの親会社である米ウォルマートは、2040年までに全世界で二酸化炭素排出量をゼロにすることを目指しており、「2030年までに少なくとも5000万エーカー(約20万平方キロメートル)の土地と100万平方マイル(約260万平方キロメートル)の海を保護、管理、または復元する」計画を発表したばかりだ。この発表は、気候変動によって近年深刻化している森林火災がアメリカ西海岸を襲い続け、オレゴン州、カリフォルニア州、ワシントン州の500万エーカー以上の森林を燃やしたことを受けて行われた。

ウォルマート・カナダは、テスラ・セミの引き渡し時期については明らかにしなかった。テスラは当初、セミを2019年に発売するとしていたが、現在は2021年に生産と出荷を開始する予定だとしている。

[原文:Walmart Canada more than triples its order of Tesla Semis to 130 electric trucks

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

消費動向が示す「Go To トラベル」のリアル ── 東京追加で押し上げ、マイクロツーリズム浸透か

Go To キャンペーン

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み