「犬と猫は人間の4倍以上速く歳をとる」——ペットと人間が幸せに暮らすために必要な2つのこと。

犬を抱きかかえるイメージ

GettyImages

新型コロナウイルスの影響で外出自粛や休校、リモートワークが広がる中、ペットの需要が高まっていると言われている。「家族のような存在」「癒し」など、ペットが私たちに与えてくれるギフトはさまざまだが、忘れてはいけないのが、ペットが心身ともに快適に暮らせる環境だ。

ペットの高齢化にともない、健康管理や住環境の整備、最適な食事、医療など、寿命を全うするまでに、ペットオーナーが求められるケアは多岐にわたる。これらの問題に立ち向かい、ペットを飼う際の情報提供者でもあるブリーダーやシェルター等、ペットの専門家の啓発を通してペットの持続可能な環境づくりを目指すのが、栄養学に基づいたプレミアムペットフード事業を展開するロイヤルカナンだ。

業界が抱える課題とペットをとりまくエコシステムを支援する取り組みについてロイヤルカナン ジャポンの山本俊之社長に聞いた。

人間にポジティブな影響を与える「ペット」の需要が高まる

山本代表

ロイヤルカナン ジャポンの山本俊之社長。

「犬や猫を飼うことで心が癒されたり、生活が楽しくなるなど、ペットの存在は人の心と生活にポジティブな影響を与えることが、海外の多くの論文でも発表されています。このコロナ禍の状況で、誰かとつながることの大切さを感じて、犬や猫を飼い始める人が増えているように聞いています」(山本社長)

大切な家族の一員として、癒しの存在として──。近年、家庭でペットの役割の重要性が増しているが、同時にさまざまな課題も生まれているという。山本社長はペットオーナーの知識と健康管理という、2つの課題を挙げる。どう言うことなのか。

「人間と動物は違う」ペットの健康を守るために必要な2つのこと

ドッグフードを食べる犬

GettyImages

「犬や猫は身近な存在であるが、飼育する人間側に正しい知識・情報があるかというと、必ずしもそうでない印象があります。今はインターネット上にさまざまな情報が溢れていて、どれが正しい情報かがわかりにくいという現状もあります」(山本社長)

例えば、犬や猫の身体、寿命、必要な栄養などは人間と同じではない。個体差はあるが、犬や猫は人間の4倍以上の速さで歳をとると言われている。

人間は年に一度定期的に健康診断を受けるが、犬と猫に置き換えると年に2~3回は動物病院で健康診断を受けるのが望ましい。しかし、そうしたペースで健康診断を受けている犬や猫の割合はわずか17%程度にとどまるという。

適正な食事や運動など日々のケアも欠かせない。犬種猫種固有の健康上の特徴、年齢や体格によって必要な栄養素は変わる。最近では昔に比べて室内飼育が増え、運動不足から肥満に陥るケースもある。人間同様、肥満になれば健康を損ね、さまざまな疾患を招いてしまう。

さらに近年は飼育環境の向上や医療の進歩によりペットの寿命が延びている。犬や猫は15年、場合によっては20年も長生きするが、年齢とともに怪我や病気のリスクも上昇する。

「飼い主が正しい知識を身につけないと、犬と猫の心身にストレスをかけたり、正しい栄養バランスを与えられず健康を損ねたりする可能性もあります。

家族として一緒に暮らすためにも、ペットオーナーが自分の愛犬・愛猫の特徴やニーズを知り、正しい情報・知識を得て実践することが、彼らの健康と一生の幸せにつながります」(山本社長)

ロイヤルカナンが考える「ペットの理想的なエコシステム」

猫

GettyImages

これらの課題解決のために、ロイヤルカナンは2つの施策に取り組んでいる。1つ目は、ペットオーナーが責任を持って飼育するための知識と意識の向上を促すことだ。

ロイヤルカナンはペットオーナーに対して、栄養学を中心とした必要な基礎知識を広めるためにさまざまな啓発活動を行っている。彼らの学びを支援することで、ペットとともに過ごす人生を豊かにしたいと考えているからだ。

2つ目は、ペットオーナーが疑問や悩みを相談できる有識者、つまり、ブリーダー・ペットショップ・動物病院等で働くペットの専門家と協力できる環境の整備だ。

ブリーダーやシェルター等のペットの専門家は、ペットオーナーが初めてペットと出会う際のいわば「指南役」。ペットオーナーの知識向上や、きちんと最後までペットの面倒をみる責任感を育むうえで与える影響は大きい。

犬の赤ちゃんの写真

GettyImages

「ブリーダーやシェルター等の犬と猫の専門家の皆様は、専門家ならではの知見を持っている一方、栄養学や繁殖学、公衆衛生学などといった、犬や猫の飼育環境に必要な科学的情報を学ぶ場が限られています。また、専門家の皆様の間で知見を共有したり情報交換し合ったりする場も少ないという課題を聞いています。

我々はこうした課題を解決するパートナーとしての役割を果たしたい。ブリーダーやシェルター等の犬と猫の専門家の皆様の課題を解決することで、新しくペットオーナーになる方々にも正しい知識や責任感の大切さを伝える環境を育むことができると期待しています」(山本社長)

ペットオーナーの啓発は、ペットに関わる専門家が垣根を超えて協力しあい相乗効果を発揮することで、ペットを取り巻くエコシステム全体の質が底上げされ、ペットが健康に生きる世界につながるのだ。

「すべては犬と猫のために」という企業理念を掲げるロイヤルカナンでは、「ペットをとりまく理想的なエコシステム」の支援に取り組んでいる。

理想的な「エコシステム」とは、高度な知識を有した専門家によって生を授かった犬と猫が、正しい知識と責任感をもったオーナーに愛情を持って育てられ、運動や食事などのアドバイスや健康診断、獣医療など成長過程に応じた最良のケアを適切な専門家から受けられる仕組みのことだ。その結果、犬と猫の健康寿命を延ばしペットもオーナーも幸せな一生をおくることができると山本社長は語る。

「ロイヤルカナンは、個々の犬と猫の品種、年齢、身体のサイズ、ライフスタイル、健康状態にあった栄養バランスのフードを、犬と猫の健康のために提供してきました。しかし犬と猫の健やかな一生のためには、フードだけではなくペットをとりまく環境すべてを向上させることが大切だと考えています。

そのためにも、犬や猫に関わるすべての関係者がペット飼育のために必要な情報や正しい知識を持ち、彼らのライフステージに応じた飼育や支援を適切に行っていくことで、犬と猫が生涯幸せに健康寿命を全うできるエコシステムが必要だと考えます」(山本社長)

「ゆりかごから墓場まで」ペットと人の幸せな関係をつくる

山本社長のポートレイト

今後はEラーニングに加えてセミナーなども提供し、犬と猫の専門家に向けて科学的な専門知識を学ぶ場を作るとともに、ペットオーナーの知識と責任感の向上へとつなげたいという山本社長。最後に、今後の展望を聞いた。

「ペットは大切な家族の一員であり、私たちに癒しと幸せをもたらしてくれる存在です。ペットがその生を全うし健康に幸せに暮らせるエコシステムを実現するために、ブリーダーやシェルターの皆様が登録できるポータル・コミュニティサイト『ロイヤルカナン PRO CLUB』をスタートさせました。

ブリーダー・シェルターの皆様の専門性向上とネットワーク構築が、ペットオーナーの知識・意識向上につながり、責任感を生み、犬と猫の真の健康につながると信じています」(山本社長)

図

ロイヤルカナンホームページより

ロイヤルカナンの全世界共通の企業理念は「すべては犬と猫のために(Dog & Cat First)」。ペットフードの域を超えてさまざまな活動に取り組んできた。それらの活動を表すキーワードが「PRO ACTIVE」「PRO CLUB」だ。

「PRO ACTIVE」とは、ペットの生の起点となるブリーダー、シェルター等、ペットの専門家を適切に支援することで、ペット産業を持続可能にし、ペットとペットに関わる人々のよりよい共生の実現を目指すという概念。その具現化の足場として、ブリーダー・シェルター等のペットの専門家のためのポータル・コミュニティサイト「ロイヤルカナン PRO CLUB」を2020年9月に導入した。

図

ロイヤルカナンホームページより

「PRO CLUB」は、ブリーダー、シェルター等ペットの専門家のみが登録できるオンラインのコミュニティサイト。ここでは、ペットの『栄養学』を始め、『行動学』『衛生学』『繁殖学』『新生子学』の5カテゴリーの学術動画によるEラーニングを受講できる。

「ブリーダー・シェルターの方々の学びの場としていただくと共に、犬と猫の専門家同士のネットワーク構築を支援していきたいと考えています」(山本社長)

ロイヤルカナンは今後も、有識者・ペットオーナー双方への科学的知見の提供やビジネスおよび飼育支援を行うことで、ペットを取り巻く関係者全体の知識の底上げとペット産業の健全な持続に貢献していく考えだ。


ロイヤルカナンのHPはこちら。

ロイヤルカナンの公式Facebookはこちら。

「ロイヤルカナン PRO CLUB」はこちら。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み