BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

ピアニスト・反田恭平が語る、ニューノーマル時代のクラシック音楽とDX

| Careers

Sponsored

mr.kyosuke handa

ピアニスト・反田恭平さん。

新型コロナウイルス感染防止のため自粛生活を強いられた日本国内で、オンラインによるライブ配信が活況を極めた。その中で注目を集めたひとつが、ピアニスト・反田恭平氏プロデュースによるクラシック音楽のオンデマンド・コンサートだ。多くの交響楽団が無料での無観客公演配信を実施することが多い中、反田氏は、あえて有料配信に踏み切った。

「今、あらゆるフェーズにおいて、時代が大きく変わろうとしている。その瞬間を逃したくない」。かねてからクラシック音楽業界に新風を吹き込みたいと語ってきた彼の志は強い。テクノロジーの活用にも積極的な反田氏は、ニューノーマル時代における音楽鑑賞の在り方をどう捉えるのか。果敢に新たな挑戦を続けるクラシック音楽業界の革命児に、その志を語ってもらった。

反田恭平(そりた・きょうへい):ピアニスト。1994年生まれ。2012年、高校在学中に第81回日本音楽コンクール第1位入賞。チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院(ロシア)に首席で入学後、2016年に開催したデビューリサイタルは、サントリーホール2000席が完売し、圧倒的な演奏で観客を惹きつけた。ソリストとしての活動のほか、メディアへの出演、2018年からは室内楽や自身が創設したMLMナショナル管弦楽団のプロデュース、また2019年にはイープラスとレーベルを共同設立。現在はポーランドのF.ショパン音楽大学にて、ピオトル・パレチニに師事。

Related articles