BI Daily Newsletter

ドローン・フォト・アワード2020 優秀作…世界をまったく違った視点から見せてくれる15枚の写真

ドローンフォトアワード2020の最優秀作品。

ドローン・フォト・アワード2020の最優秀作品。

Jim Picôt/Drone Photo Awards

  • ドローン・フォト・アワードでは、自然、都市、人々などの9つのカテゴリーで、美しい空撮写真を見ることができる。
  • 2020年の受賞作品には、「木の上にあるアオサギの巣」「空から見下ろしたドバイマリーナ」「“逃亡犯条例”に抗議する何百万人もの香港人」などがある。
  • 最優秀作品はハート形になったサーモンの群れの中を泳ぐサメを捉えた「自然のラブ・ハート」に決まった。

ドローン・フォト・アワードでは毎年、ドローンを用いて撮影した最高の空撮写真にスポットライトを当てている。2020年の受賞者は9月21日に発表され、第6回シエナ・アワード・フェスティバルの一環として、受賞作品45点が10月24日から11月29日までイタリア、シエナにある博物館Accademia dei Fisiocriticiで展示される。

今年は抽象、自然、人々、スポーツ、シリーズ、都市建築、ウェディング、動物の8部門に、空っぽの都市(コロナ下の生活)を加えた9つの部門が設定され、「空から見た世界の美しさを捉え、想像力を広げて物語を語れる」写真を選んだとしている。

2020年の最終選考を通過した15作品を見てみよう。


Tomasz Kowalski撮影の「地球上のエイリアン構造(Alien Structure on Earth)」は、マレーシア、クアラルンプールのペトロナスタワーを捉えている

「地球上のエイリアン構造(Alien Structure on Earth)」

「地球上のエイリアン構造(Alien Structure on Earth)」

Tomasz Kowalski/Drone Photo Awards

この作品は都市建築部門で1位を獲得した。


Carmine Chiriacò撮影の「ドバイマリーナ(Dubai Marina)」は、ドバイ・マリーナ周辺のシンメトリーな姿と建築物を捉えた

「ドバイマリーナ(Dubai Marina)」

「ドバイマリーナ(Dubai Marina)」

Carmine ChiriacòDrone Photo Awards

この作品は都市建築部門で2位を獲得した。


Dmitrii Viliunov撮影の「アオサギが住むところ(Where Herons Live)」。ドローンによって、アオサギが営巣する様子を捉えることができた

「アオサギが住むところ(Where Herons Live)」

「アオサギが住むところ(Where Herons Live)」

Dmitrii Viliunov/Drone Photo Awards

「多くの人は、アオサギが葦や沼地に巣を作ると思っているかもしれない」とViliunovは記した。「だが実際は、大木の頂上に巣を作る。ドローンがあればそれを観察することもできる」

この作品は動物部門で1位を獲得した。


Mark Carwardine撮影の「ムンクイトマキエイの群れ(Munk's Mobula Rays Schooling)」は、空から何千ものエイの姿を捉えている

「ムンクイトマキエイの群れ(Munk's Mobula Rays Schooling)」

「ムンクイトマキエイの群れ(Munk's Mobula Rays Schooling)」

Mark Carwardine/Drone Photo Awards

Carwardineは、エイの群れをメキシコのカリフォルニア湾で撮影した。この作品は動物部門で2位を獲得した。


Roberto Corinaldesi撮影の「海の上(On the Sea)」は、たくさんのスイマーが波に向かっていくハラハラするような場面を捉えている

「海の上(On the Sea)」

「海の上(On the Sea)」

Roberto Corinaldesi/Drone Photo Awards

この作品はスポーツ部門で1位を獲得した。


Brad Walls撮影の「ボールが上がった(Ball Up)」は、テニスプレーヤーの抽象的にも見える動きとテニスコートの直線的なラインが、好対照をなしている

「ボールが上がった(Ball Up)」

「ボールが上がった(Ball Up)」

Brad Wallsl/Drone Photo Awards

オーストラリアのシドニーで撮影されたこの作品は、スポーツ部門で2位を獲得した。


Alessandra Meniconzi撮影の「凍った大地(Frozen Land)」は、ユーラシア・ステップの凍った大地を横切る村人の姿を捉えている

「凍った大地(Frozen Land)」

「凍った大地(Frozen Land)」

Alessandra Meniconzi/Drone Photo Awards

ユーラシア・ステップは、ハンガリーから中国まで広がっている。この作品は、人々の部門で1位を獲得した。


Tugo Cheng撮影の「2,000,001」は、逃亡犯条例改正に抗議して何百万人もの香港人が通りでデモをする様子を捉えた

「2,000,001」

「2,000,001」

Tugo Cheng/Drone Photo Awards

この作品は、人々の部門で2位を獲得した。


Joseph Cheires撮影の「観光客を押して遊ぶクジラ(Whale Plays Pushing Tourists)」は、観光客が乗るボートに迫るコククジラの姿を捉えている

「観光客を押して遊ぶクジラ(Whale Plays Pushing Tourists)」

「観光客を押して遊ぶクジラ(Whale Plays Pushing Tourists)」

Joseph Cheires/Drone Photo Awards

Cheiresは、メキシコ・バハカリフォルニア州プエルト・アドルフォ・ロペス・マテオスでこの写真を撮影するのに3年待ったが、その甲斐はあった。この作品は、自然部門で1位を獲得した。


Martin Harvey撮影の「ロジピ湖のフラミンゴ(Flamingos at Lake Logipi)」は、何千羽ものフラミンゴが集まる様子を捉えた

「ロジピ湖のフラミンゴ(Flamingos at Lake Logipi)」

「ロジピ湖のフラミンゴ(Flamingos at Lake Logipi)」

Martin Harveyl/Drone Photo Awards

ケニアのロジピ湖で撮影されたこの作品は、自然部門で2位を獲得した。


Paul Hoelen撮影の「立ち上がる不死鳥(Phoenix Rising)」は、鉱山の鮮やかな色彩が神話に出てくる不死鳥を連想させる

「立ち上がる不死鳥(Phoenix Rising)」

「立ち上がる不死鳥(Phoenix Rising)」

Paul Hoelen/Drone Photo Awards

カリフォルニア州オーエンズ湖の鉱山で撮影されたこの作品は、抽象部門で1位を獲得した。


Azim Khan Ronnie撮影の「最大規模の信者の集まり(Largest Congregation)」では60万人以上の人々が祈る様子が捉えられた

「最大規模の信者の集まり(Largest Congregation)」

「最大規模の信者の集まり(Largest Congregation)」

Azim Khan Ronnie/Drone Photo Awards

イド・アル=フィトルは、断食明けを祝うイスラム教の祭りで、世界各地で行われている。この作品は、バングラデシュでの祭りの様子を撮影したもので、抽象部門で2位を獲得した。


Mohamed Azmeel撮影の「トロピカル・ブライド(Tropical Bride)」は、結婚式で余った花や葉を用い、花嫁をヤシの木のように飾った

「トロピカル・ブライド(Tropical Bride)」

「トロピカル・ブライド(Tropical Bride)」

Mohamed Azmeel/Drone Photo Awards

この作品は、ウェディング部門で1位を獲得した。


Krzysztof Krawczyk撮影の「草原の恋人たち(Lovers on the Field)」は、カップルの乗ったカヤックが草原に浮かんでいるように見える

「草原の恋人たち(Lovers on the Field)」

「草原の恋人たち(Lovers on the Field)」

Krzysztof Krawczykl/Drone Photo Awards

この仲睦まじいカップルを捉えた作品は、ウェディング部門で2位を獲得した。


そして今年の最優秀賞を獲得したのは、Jim Picôt撮影のこの作品。ハート形になったサーモンの群れの中を泳ぐサメを捉えたものだ

「自然のラブハート(Love Heart of Nature)」

「自然のラブハート(Love Heart of Nature)」

Jim Picôt/Drone Photo Awards

この作品は、オーストラリアのアボカ・ビーチで撮影された。

[原文:15 mesmerizing photos taken by drones that let you see the world in a whole new light

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

経営理論でイシューを語ろう

BI PRIME

ベンチャーに立ちはだかる「規制の壁」。改革阻む「民主主義のジレンマ」とは【音声付・入山章栄】

  • 入山章栄 [早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授]
  • Oct. 22, 2020, 05:30 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み