BI Daily Newsletter

【佐藤優】古典は超一流の教科書。読書をしても教養が身に付かない人に足りない行動とは?

yusato_35_thum

「教養とは身に付けようと思って、身に付くものではない。義務で学ぶことは道具としての知識にしかならない」。佐藤優さんの言葉に、納得をしつつも、少しがっかりするシマオ。では、自分を少しでも成長させるためにできることは何なのか? シマオは佐藤さんに教養につながる学び方を聞く。

教養には「他者」の存在が必要になる

シマオ:先日のお話で、「教養とは何か」ということを詳しく教えてもらいました。教養は単なる知識とは違って、身に付けようとして身に付くものではない、というお話でしたよね。

佐藤さん:そうです。

シマオ:それは分かった上で、あえてお聞きしたいんですが、教養に結びつくような日々の学び方があるなら、ぜひ教えてください!

佐藤さん:それは簡単で、一言でいえば本を読み、それについて人と会ってよく話すことです。

シマオ:へえ……。意外と普通ですね。

佐藤さん:教養人というのは、ニアリーイコールで読書人ということ。本を読まない教養人というのは絶対にいない訳です。ですから、一般の人が教養を身に付けるができるようなったことと、印刷技術は深く関係しています。

シマオ:普通の人でも本を買えるようになった。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み